海外映画/洋画の感想

映画『プレステージ』のネタバレ感想・解説!2人の天才マジシャン、瞬間移動マジック必見!

映画「プレステージ」のあらすじ・内容

映画『プレステージ』はミュージカル映画の傑作『グレイテスト・ショーマン』のヒュー・ジャックマンと、ヒーロー映画の傑作『ダークナイトライジング』のクリスチャン・ベールという2大スターが共演した作品です。

ライバルとして競い、憎しみ合う二人の天才マジシャンの葛藤と人間模様を描いた重厚なサスペンスです。

衝撃のラストにつながる伏線が映画の中のさまざまな場面に散りばめられ、あらゆるエピソードから目が離せません!

若き巨匠とも呼ばれる天才監督クリストファー・ノーランの傑作サスペンス映画『プレステージ』の個人的な感想と解説レビューを書いていきたいと思います。ネタバレを含んでいますので、これから見る予定の方はご注意ください!

映画「プレステージ」を観て学んだ事・感じた事

・瞬間移動マジックのトリックに驚愕!
・最高のプレステージを追い求める天才の狂気の世界
・誰もが騙される衝撃のラスト!じっくり見るべき映画

映画「プレステージ」の作品情報

公開日2007年
監督クリストファー・ノーラン
脚本ジョナサン・ノーラン
クリストファー・ノーラン
出演者ロバート・アンジャー(ヒュー・ジャックマン)
アルフレッド・ボーデン(クリスチャン・ベール)
ハリー・カッター(マイケル・ケイン)
オリヴィア(スカーレット・ヨハンソン)
サラ(レベッカ・ホール)
ニコラ・テスラ(デヴィッド・ボウイ)

映画「プレステージ」のあらすじ・内容

映画「プレステージ」のあらすじ・内容

19世紀末のロンドン、二人の若い天才マジシャンが手品の技を競い合っていました。

派手な演出で観客を沸かせるアンジャー(ヒュー・ジャックマン)と、技の開発に余念のない、どこか影のあるボーデン(クリスチャン・ベール)は良きライバルでしたが、ある時、水中からの脱出マジックで事故が起こりアンジャーの妻が亡くなってしまいます。

ボーデンが強引に難しい方法でヒモを結んだことが原因です。アンジャーはボーデンを強く恨み、互いに憎しみ合うようになってしまいました。

 

やがて二人はそれぞれ独自の瞬間移動のマジックを開発し、観衆の喝采を浴びるようになります。

しかし、お互い相手のマジックのトリックを見破り、足を引っ張り合うことに執念を燃やすアンジャーとボーデンは、そろって破滅の道へと突き進んで行くのでした。

映画「プレステージ」のネタバレ感想

二大スターの共演、出演するキャストが豪華!

プレステージでは二大スターの共演、出演するキャストが豪華!© Touchstone Pictures and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved

映画『プレステージ』で主役を務めるのはハリウッドのトップスター二人、ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベール。超豪華な主役級二人のダブルキャストというだけでも、見る価値のある映画です。オーストラリア出身のヒュー・ジャックマンとイギリス出身のクリスチャン・ベールという組み合わせも面白いですよね。

ヒュー・ジャックマンは、大ヒット映画『X-MEN』シリーズで主役のウルバリンを演じ、世界中で大人気になりました。ウルバリン役は他の何人かの俳優に断られた末に、まだハリウッドでは無名だったヒュー・ジャックマンのもとに回ってきたものだったのですが、彼にとってまさに当たり役!シリーズは何作も続編が作られ、スピンオフ作品『ウルバリン』も大ヒットしました。

『レ・ミゼラブル』『グレイテスト・ショーマン』というふたつのミュージカル映画のほか、数え切れないほどの作品に出演し、肉体派というだけではなく演技力も高く評価されているヒュー・ジャックマンですが、現在は映画プロデューサーとしても活躍しています。

 

クリスチャン・ベールは、スティーブン・スピルバーグ監督の映画『太陽の帝国』でデビュー。長い経歴を持ち、実力派として知られる俳優です。

映画『バットマンビギンズ』『ダークナイト』『ダークナイトライジング』のバッドマンシリーズ三部作に主演したほか、映画『ザ・ファイター』ではアカデミー助演男優賞を受賞しました。映画『ハウルの動く城』の英語版では、ハウルの吹き替えを担当するなど幅広い作品に出演し、高く評価されています。

 

ちなみに、ヒロイン役はスカーレット・ヨハンソン。大ヒット映画『アベンジャーズ』のブラック・ウィドウ役、そのほか数え切れないほどの作品に出演。日本のコミック『攻殻機動隊』を実写化した映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』への出演が話題となっています。2018年に最も稼いだ女優1位にランクインするほどの人気ぶりです。

そして、マジックの師匠役に二度のアカデミー賞ほか多数の受賞歴を持つ大御所マイケル・ケインという豪華な顔ぶれです。物語の後半には、デヴィッド・ボウイも登場します。

どちらかというと地味な印象の映画に、これだけのビッグネームをそろえられたことが驚きです。豪華スターの共演で一体どんな物語が描かれるのでしょうか。

対照的な二人の若き天才マジシャン

対照的な二人の若き天才マジシャン© Touchstone Pictures and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved

物語の中心となっているのは、アンジャーとボーデンという二人の天才マジシャンです。ふたりは若い頃から、ミルトンという師匠の元で共に修行を積んでいました。

ヒュー・ジャックマンが演じるアンジャーは上流階級出身の明るくチャーミングな男性で、マジックの技術よりも見た目の派手さ、明るく華やかなショーで観客を沸かせます。

 

一方、クリスチャン・ベールが演じるボーデンは、孤児として育った身寄りのない貧しい若者。身元もはっきりしないため、どこか得体の知れない雰囲気があります。ボーデンのマジックは地味であまり人目を引きませんでしたが、技術や発想力ではアンジャーに勝っていました。

育ちや性格、マジックのタイプも全く正反対な二人の主人公という設定はよくあるパターンではありますが、映画『プレステージ』の設定は実はもっと複雑。見終わった瞬間「やられた!」という感じです。最後の種明かしの瞬間まで、二人の様子をじっくり観察してみてください。あっと驚く仕掛けがたっぷり詰まっています。

さて、良きライバルとしてマジックの技術を研鑽し合っていた二人は、不幸な事故をきっかけに関係が決裂、お互いを憎み合うまでになってしまいます。それは一体、どのような事故だったのでしょうか?

不仲になるきっかけとなった不幸な事故とは?

不仲になるきっかけとなった不幸な事故とは?© Touchstone Pictures and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved

マジックの修行時代、アンジャーとその妻ジュリア、ボーデンの三人は水中脱出の手品を行っていました。ヒモで手を縛られたジュリアが、巨大な水槽の中から脱出するというものです。

より難易度の高いマジックにこだわったボーデンはアンジャーの反対を押し切り、ヒモを二重結びにしてしまいます。その結果、ジュリアはヒモをほどくことができずに溺死。アンジャーは最愛の妻を失ってしまったのです。

深い悲しみにくれるアンジャーはどうしてもボーデンを許すことができませんでした。復讐の機会を狙ってボーデンのマジックのトリックを探っていたアンジャーは、拳銃を使ったボーデンのマジックにこっそり細工をします。その結果、ボーデンは拳銃の事故で左手の指を失ってしまいました。

驚異の瞬間移動マジック登場!

驚異の瞬間移動マジック登場!© Touchstone Pictures and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved

妻を失ったアンジャーと指を失ったボーデン。それぞれ大きな痛手を負った二人でしたが、恨みは増すばかり。さらに相手への憎しみを募らせ、醜い足の引っ張り合いを続けます。

憎み合う二人の天才マジシャンはそれぞれ、相手のマジックの仕掛けを探っては邪魔をし、相手よりもさらに高度なマジックを開発するために手段を選ばずのめり込んでいきます。

鬼気迫るような演技が高く評価されているのはクリスチャン・ベールですが、映画『プレステージ』では、ヒュー・ジャックマンの演技も見もの!ウルバリンとはまた違った、狂気を感じさせる天才マジシャン役にさらにファンになってしまいました。

クリスチャン・ベールのつかみどころのない雰囲気は、驚愕のラストに向けた布石の一つとなっているので注目です!

 

そして、より高みを目指す二人がたどり着いたのが瞬間移動マジックでした。大勢の観客の前で微笑んでみせたマジシャンが一瞬で姿を消し、次の瞬間、遠く離れた場所に姿を現すマジックに観客は拍手喝采!たちまちロンドン中の話題となりました。

アンジャーとボーデンは、それぞれ相手のマジックのトリックを探ろうとしますが、まるで仕掛けがわかりません。

タイトルPrestige(プレステージ)が意味するものとは?

タイトルPrestige(プレステージ)が意味するものとは?© Touchstone Pictures and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved

ところで、映画のタイトルとなっている「プレステージ」とは、どのような意味があるのでしょうか?

Prestige(プレステージ)は偉業という意味の単語ですが、マジックにおいてはショーの最終段階を表しているそうで、劇中で次のように説明されています。

<マジックの手順(段階)>
1) プレッジ(確認)
種も仕掛けもないことを、観客に照明する。
2) ターン(展開)
パフォーマンスを行う。
3) プレステージ(偉業)
観客をだまし、マジックを完成させる。

この三つ目の段階、プレステージに到達することでマジックは完結するのですが、そこに達するためには、仕掛けと事前の入念な準備を必要とします。たとえ、そのために大きな危険や多くの犠牲を払ったとしても、観客を騙してあっと驚かせ拍手喝采を浴びる瞬間は、マジシャンにとって何ものにも代え難い喜びなのです。

 

一般人にはちょっと理解し難い考え方ですが、これが映画『プレステージ』の重要なテーマの一つとなっており、同時にこの映画を難解に共感しにくくしている部分ではないかと思います。プレステージこそがマジシャンの喜びであるという真理。それは、映画の中で登場するハトのマジックの解説を通して語られます。

籠に入ったハトが一瞬で姿を消し、別のところからあらわれるというマジックに観客は驚き、大喜びします。しかしそれは、籠ごとハトをつぶして殺すという残酷なトリックの上に成り立っていました。マジシャンにとって、プレステージで観客を沸かせるためならハトの犠牲は大した問題ではないのです。

マジシャンを惹きつけるプレステージの魅力は、まさに悪魔の誘惑。悪魔に魂を売り渡してしまった二人には、残酷な未来が待ち受けています。

【ネタバレ】瞬間移動マジックの秘密

【ネタバレ】瞬間移動マジックの秘密© Touchstone Pictures and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved

アンジャーとボーデンがそれぞれ編み出した、驚異の瞬間移動マジック。それは、どのようなものだったのでしょうか?この先は、かなりネタバレを含みますのでご注意ください。

まず、アンジャーが最終的に編み出した瞬間移動マジックは、ニコラ・テスラという科学者が発明した「コピー作成機」を使ったものでした。機械により生み出されたコピーは、少し離れた場所に現れることになっていました。これを利用して、アンジャーは機械でコピーを作った瞬間に自分自身が姿を消すことで、離れた場所に自分が瞬時に移動したように見せかけていたのです。

このコピー機はものすごい完成度で、記憶や感情までまったく同じ人間を完璧に作り上げることができました。では、マジックが終わったあと、アンジャーのコピーはどこへ行ったのでしょうか?公演を行うたびにアンジャーのコピーが一人ずつ増えていってしまっては困るので、誰かに見られてしまう前に、もう一人のアンジャーを消さなければなりません。

 

一方、ボーデンの瞬間移動マジックは、地味な演出ながらそのパーフェクトさに観客は大興奮。大きな話題となりましたが、マジックの仕掛けが全くの謎でした。

アンジャーも何とか仕掛けを探ろうとしますが、どうしてもわかりません。ついに、助手のオリヴィア(スカーレット・ヨハンソン)をスパイとしてボーデンのもとに送り込みますが、ボーデンのガードは完璧です。やがて、オリヴィアはボーデンを愛するようになり、妻子がいるはずのボーデンもオリヴィアに惹かれていきます。オリヴィアはスパイとしての役割と、ボーデンへの愛という葛藤に苦しみ、ボーデンの妻サラは夫の浮気を疑い悩み苦しみます。

アンジャーとボーデンのマジックへと復讐への執念は、本人達だけでなく周りをも巻き込みながら破滅の道を突き進みます。

【ネタバレ】謎が明かされる驚愕のラスト!ボーデンは双子だった?

【ネタバレ】謎が明かされる驚愕のラスト!ボーデンは双子だった?© Touchstone Pictures and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved

物語のラストに、ボーデンが隠し続けていた秘密が明かされます。

推理小説でアリバイづくりにときどき使われるとてもシンプルなトリックですが、この手法はあまり後味の良いものではありません。謎解きというにはあまりに短絡的すぎるので、ミステリーの中では禁じ手とされることもあるほど。なので、劇中それを示唆するようなセリフがあったはずなのに、映画のラストまで、まったくその可能性に気づきませんでした。すっかり騙されていたというわけです。しかし、瞬間移動マジックのトリックとして、これほど完璧なものはありません。

実は双子だったというボーデンの秘密が明かされたことで、瞬間移動マジックのトリック、アンジャーの妻に死をもたらした二重結びのヒモへのこだわり、ボーデンの妻サラが感じた違和感、オリヴィアとの不倫など、さまざまな謎が明らかになりました。

ボーデンは誰にも知られないように、ずっと二人一役を演じながら生活をしていたということだったのです。サラはボーデンが優しいときと冷たいときがあると感じていましたが、優しいときのボーデンがサラを愛する本物のボーデンで、冷たいときのボーデンは双子の兄弟だったのです。

水中脱出マジックの精度にこだわってジュリアを事故死させてしまったのもオリヴィアを愛したのも、もう一人のボーデンでした。

ボーデンの秘密はなぜバレなかったのか?

ボーデンの秘密はなぜバレなかったのか?© Touchstone Pictures and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved

そもそも、双子が入れ替わりながら生活し続けるなんていうことが、可能なのでしょうか?もちろんこれはフィクションなので都合良く設定されている部分はあるのですが、よりリアルにみせるためのいくつかの伏線が用意されていました。

ボーデンは孤児で身元が不明なので、彼らが双子であるということを知っている人はほとんどいなかったのです。ボーデンの謎めいた、つかみどころのない様子は、双子がたびたび入れ替わっていたからで、そう思って映画を見直すとボーデンのふたつの性格がさりげなく演じ分けられていることがよくわかります。

 

しかし、一緒に暮らしていたサラはさすがに違和感を感じていました。顔はそっくり同じでも、ボーデンと双子の兄弟は性格がまるで違っていたからです。では、サラがなぜ気づかなかったのかというと、気づこうとしなかった知りたくなかったからです。

アンジャーとボーデンの師匠がマジックについてこんなことを言っています。「観客は何も見ていない。知りたくないことから目をそらし、騙されようとする」。この心理が、サラにも当てはまります。サラは優しいボーデンとの幸せな生活を失いたくなかったので、違和感に気づかないふりをしていたのです。

アンジャーのコピーはどこへ行ったのか?

アンジャーのコピーはどこへ行ったのか?© Touchstone Pictures and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved

ニコラ・テスラのコピー機を使った瞬間移動マジックで、アンジャーは、自分自身が姿を消すことで、本当に瞬間移動をしたかのように観客に思わせることに成功しました。そして、舞台から姿を消したアンジャーは、舞台の下に予め設置されていた水槽に落ち、そのまま息絶えます。なんとショーを行うたびにアンジャーは自殺していたのです!

どうして、そんなことができたのでしょうか?確かにそれは、疑われることなくマジックを完成させるためには良い方法であったかもしれませんが、姿を消しただけでも、観客は間違いなく騙されてマジックは大成功したでしょう。その後こっそり、コピーを始末すればよかったはずです。しかし、こんなに恐ろしい仕掛けを何度も繰り返すアンジャーには別の目的がありました。

 

それは、水槽で死んでいる自分をボーデンに見せること。自分のマジックのトリックをあばこうと、ボーデンは必ず舞台を探りにやってくると、アンジャーは確信していました。水槽で死んでいる自分をボーデンに発見させ、自分の死にボーデンが関わっていると周囲の人々に思わせることこそが、アンジャーの真の目的だったのです。そして、ボーデンはアンジャー殺しの罪で逮捕され、死刑を宣告されます。かつてアンジャーの妻を事故死させた罪を償うことになるのです。

この映画は、天才マジシャン二人の人間関係を描いていますが、実は三人のマジシャンの物語でした。こんなに複雑怪奇な人間模様を19世紀のロンドン、マジックの世界を舞台に描き切ったこの映画こそ、クリストファー・ノーラン監督のプレステージといえるかもしれません。

観客は騙されたい

観客は騙されたい© Touchstone Pictures and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved

映画に限らず、ドラマ、小説、マンガでも、現実にはあり得ない設定、起こりえない状況が描かれることはよくあります。当然それは作り話だからできることであり、それこそが映画やドラマ、小説の面白さ、醍醐味であるといえるでしょう。

ところが、「こんなこと現実では不可能」と思い始めると、物語の中のさまざまな矛盾点が気になり共感できなくなります。そうなるとどうしても、意味のわからないつまらない作品という感想しか出てこなくなってしまうでしょう。それは、とてももったいないことです。

映画『プレステージ』をこれから見る方には、クリストファー・ノーラン監督が作り上げたプレステージの観客の一人として、楽しんでみてほしいと思います。映画の中に仕掛けられたたくさんのトリックに騙されながら、二度三度、驚きを味わってみてください。

若き巨匠クリストファー・ノーラン監督

映画『プレステージ』の世界を作り上げたのは、クリストファー・ノーラン監督です。

多くの映画監督から、その才能に嫉妬すると言われるほどの天才です。若き巨匠とも呼ばれるクリストファー・ノーラン監督が手掛けた作品はまだそれほど多くありませんが、『メメント』『インターステラー』『インセプション』『ダンケルク』など、大きな注目を集める優れた映画を作っています。

映画「ダンケルク」のあらすじ・内容
映画『ダンケルク』の感想・ネタバレ解説!実際の戦争が元の陸・海・空の戦い、救出物語映画『ダンケルク』の感想・ネタバレ解説を書いています。「ダンケルク」はクリストファー・ノーラン監督が手がけた、実際の戦争が元作品です。「ダンケルク」は陸・海・空の戦いだけでなく、兵士たちの救出を描いた映画です。...

特に、2005年から2012年にかけて公開された、三部作の『ダークナイト(バットマンシリーズ)』は、娯楽作品であった過去のバットマン映画を芸術的ともいえる傑作映画に昇華させたことで高く評価されました。

『ダークナイト』三部作は世界中で大ヒットし、歴代興行収入ランキングの上位にランクイン、ヒーロー映画の最高傑作とされています。

このシリーズでバットマンを演じたのが、クリスチャン・ベールでした。映画『プレステージ』でも、マジシャンのアルフレッド・ボーデンという重要な役を務め、クリストファー・ノーラン監督から高く評価され、厚い信頼を得ていることがよくわかります。

 

また、『ダークナイト』三部作はゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、ヒース・レジャーなど超大物俳優が大勢出演していることで有名ですが、映画『プレステージ』でマジックの師匠役を演じたマイケル・ケインも、バットマンを支える執事役として『ダークナイト』三部作に出演しています。

クリストファー・ノーラン監督の作品は緻密な構成と演出が特徴で、自ら脚本を手掛けることも多いようです。映画『プレステージ』は、世界幻想文学大賞を受賞した小説『奇術師』を原作としていますが、脚本を担当したのはジョナサン・ノーランです。クリストファー・ノーラン監督の実弟で、『ダークナイト』や『メメント』などの脚本も手掛けている監督にとってはなくてはならない存在です。

ニコラ・テスラ役のデヴィッド・ボウイは必見!

ニコラ・テスラ役のデヴィッド・ボウイは必見!© Touchstone Pictures and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved

劇中、アンジャーが見せる瞬間移動のマジックは、天才的な科学者が作った奇妙な機械を使って行われていました。

その科学者の名前はニコラ・テスラという実在した人物です。天才的な科学者であり発明家。奇抜な発想と、オカルトへの傾倒からマッドサイエンティストとも評される謎めいた科学者を演じているのは、ミュージシャンのデヴィッド・ボウイです。独特の存在感で、映画の雰囲気を盛り上げています。こんなビッグネームを脇役として出演させるなんて贅沢な映画です。

 

デヴィッド・ボウイは歌手としてだけではなく、俳優としても高く評価されていたことをご存知でしょうか?

『地球に落ちてきた男』『バスキア』など多数の映画に出演しましたが、特に有名な作品は、大島渚監督、ビートたけしも出演した『戦場のメリークリスマス』。坂本龍一とのキスシーンが話題になりました。デヴィッド・ボウイは2016年に亡くなりましたが、その功績は数知れず。グラミー賞を二度受賞、数々のヒットを飛ばし、多くのアーティストに影響を与えました。

息子のダンカン・ジョーンズは映画監督、『月に囚われた男』などのヒット作で知られています。

映画「プレステージ」は何度も見直したくなる映画

映画「プレステージ」は何度も見直したくなる映画

天才監督クリストファー・ノーランの傑作サスペンス映画『プレステージ』についてご紹介しました。言葉では説明しきれない映画の世界観を、少しでもイメージしていただけたでしょうか?

映画『プレステージ』はとても難解な作品なので、一度見ただけではよくわからない部分がたくさんあると思います。私も一度では理解できず、もう一度最初から見直して、繰り返し描かれる伏線、謎を解くヒントとなるセリフ、手掛かりとなるちょっとしたしぐさなどにようやく気付くことができました。

見直すたびに新たな発見と感動があり、何度見ても楽しめる作品ではないかと思います。時間に余裕のあるときに、できれば一人でじっくり見るのがおすすめです。

映画「プレステージ」の動画が観れる動画配信サービス一覧

Hulu×
Netflix
FOD×
U-NEXT
auビデオパス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です