アニメ映画

『紅の豚』ネタバレ感想・解説・考察!ラストは続編を意識したもの?イタリアを舞台にした大人向けのジブリ

【考察】ポルコはなぜ豚の姿をしているのか

映画『紅の豚』は国民的アニメ制作会社「スタジオジブリ」が制作した空賊と賞金稼ぎの物語です。

本作は宮崎駿によって「同年代の男性向け」を意識して製作された作品であり、前作の『魔女の宅急便』とは大きく性質が異なります。

それゆえに、舞台となっているイタリアの歴史や軍用機・銃器といったミリタリー的な側面までが非常に作りこまれており、そういった知識を有しているか否かで作品に対する満足度が大きく変わるかもしれません。

今回はそんな『紅の豚』の個人的な感想や考察を書いていきます!なお、ネタバレには注意してください。

映画『紅の豚』を観て学んだこと・感じたこと

・飛ばねぇ豚はただの豚だ、に代表される名言の数々が印象的
・大人向けの作風はジブリ嫌いにも刺さるのでは
・続編を今でも待ち望んでいる!

映画『紅の豚』の基本情報

公開日1992年7月18日
監督宮崎駿
脚本宮崎駿
出演者ポルコ・ロッソ(森山周一郎)
マダム・ジーナ(加藤登紀子)
フィオ・ピッコロ(岡村明美)
マンマユート・ボス(上條恒彦)
ドナルド・カーチス(大塚明夫)
フェラーリン(稲垣雅之)

映画『紅の豚』のあらすじ・内容

映画『紅の豚』のあらすじ・内容

第一次世界大戦の終局後。かつてイタリア空軍でエースパイロットとして活躍していたポルコ・ロッソは、軍隊を退役して賞金稼ぎとして生活していました。

彼は自身の姿を豚に変えて世間との交流を避けていたものの、かつてと変わらず幼馴染のジーナなど数少ない友人とは付き合いがありました。

 

そんな彼が彼女の経営するホテルを訪問すると、仕事の邪魔に腹を立てた空賊たちは凄腕のアメリカ人・カーチスを雇って彼を撃墜しようと目論んでいました。

その噂と技量にジーナは彼の身を案じますが、あくまで賞金稼ぎを止めようとしないポルコ。彼らは飛行機乗りとして対決し、敗れてしまったポルコはボロボロになった飛行艇をピッコロ社へと運びました。

そこで修理を担当することになったのが、まだ若々しい少女であったフィオ。ポルコも初めはその快活さや若さを不審に思いましたが、彼女のたぐいまれな設計師としてのセンスや情熱的な姿に一目置き、彼女に機体の修復を任せることになるのです。

新作映画も見れる!
U-NEXT31日間の無料お試しはこちら

映画『紅の豚』のネタバレ感想

【解説】原作は宮崎駿の漫画で、大人向けを意識して製作された

【解説】原作は宮崎駿の漫画で、大人向けを意識して製作された

まず、この作品自体に原作が存在するということをそもそもご存知でしょうか。この『紅の豚』については、『月刊モデルグラフィックス』という雑誌の中の数ページで連載されたミリタリー漫画の一つで、連載当時は「飛行艇時代」というタイトルになっていました。

そして彼は自身のアニメ映画を企画する際、この雑誌にあった「突撃!アイアンポーク」という別の原作を劇場化するつもりであったようです。しかし、その企画がとん挫したため、代案として推されたのがこの「飛行艇時代」でした。

この原作タイトルからも分かるように、本作は原作時点から非常に大人向けの色彩が強い作品でした。先ほども述べましたが、これまでは『魔女の宅急便』などが分かりやすいように、老若男女問わず受け入れられるようなエンタメ性や大衆性が強い作品を中心にヒットを飛ばしていたのがスタジオジブリでした。

しかし、宮崎監督はそれまでの路線と打って変わって、自身が憧れていた「空を飛ぶこと」を全面に押し出し、彼と同じような中年男性をメインターゲットとして本作を生み出しています。

 

こうして製作された本作は、もともと飛行機を扱った作品ということで日本航空の機内映画として配給されることになりました。ところが、監督に熱が入ったのか作品がかなり長尺になったため、方針を転換して劇場用映画に変わったという経緯があります。

この名残りからか劇場公開に先駆けて機内で先行上映され、また近年になっても企画として機内再上映が実施されるなど、日本航空との結びつきは強いものがあります。

もっとも、予定外の劇場化ながら作品は好評を博し、前作時点でジブリが有していた当時の長編アニメーション興行成績トップの座を更新しました。現代では正直に言って「天空の城ラピュタ」や「千と千尋の神隠し」には知名度で一歩劣るものの、宮崎監督の志向した「中年男性向け」という異質な作風から本作を最高傑作に推す声も少なからず存在するなど、どちらかといえば「通好み」なジブリ映画としての地位を確立している印象があります。

【解説】世界恐慌やファシズムなど、史実におけるイタリアとの関連も強い

【解説】世界恐慌やファシズムなど、史実におけるイタリアとの関連も強い

この作品が大人向けに作られているということについては先にも述べてきましたが、それゆえにイタリアの歴史、つまり世界史を理解していないとイマイチピンとこない設定も多いかもしれません。

まず、本作の時代設定は1929年ごろだと言われています。世界史がお好きな方であればこの年号だけで世界の政財界を震撼させた出来事が思いつくかもしれませんが、当時はアメリカのウォール街で株価が暴落したことに端を発した「世界恐慌」の真っただ中でした。

それゆえに、作品をよく見ていくと舞台となったイタリアにも迫りつつある世界恐慌の影響を感じることができます。もっとも、本格的な世界恐慌の波がヨーロッパにまで打撃を与えるのはこの数年先のことなので、30年代半ばにまで時間を進めれば世界観が少し変化することになるようにも思えます。

 

次にポルコが作中で嫌悪している「ファシズム」という政治用語について解説します。ファシズムとは、分かりやすく言えば「独裁的かつナショナリズムを志向した全体主義思想」のことで、似たものとしてはドイツのナチスがいい例でしょうか。

こうした思想の広がりと第二次世界大戦との関連性は教科書レベルでも解説されているのでご存知の方も多いと思われますが、意外にもイタリアにおいてファシズムが流行したのは第一次世界大戦の直後であり、1922年にはファシスト党が与党第一党に、1929年には一党独裁体制を確立しています。こうして見ていくと、本作で舞台となっている1929年はまさにファシストが国家を掌握した時期であり、ポルコがこれを嫌悪していた理由が分かるのではないでしょうか。

ところが、今でこそファシズムといえば悪名高いイメージが付きまといますが、当時の世界においてイタリアの国家体制は一定の評価を得ていました。第一次大戦では戦勝国となりながら国として貧困にあえいでいたイタリアを独裁的な手法で再生し、さらに治安の改善にも成果を挙げたことで、西側民主主義国家においても彼を評価する声が上がるほどでした。

 

もっとも、こうしたファシズムの勢いは、先にも触れた世界恐慌の影響で完全にストップしてしまいます。肝心の経済政策が行き詰まりを見せて失業者が増加し、その後は対外膨張を繰り返すも第二次大戦では早々に敗れ去り、間もなくファシスト党は解党されてしまいました。

ちなみに、本作のタイトルでもありポルコの機体にもカラーリングされている「紅」という色は当時のイタリアにおける自動車競走のナショナルカラーであり、国家を象徴する色という性格を有していました。現代でもこの風潮は引き続き確認することができ、高級自動車メーカーのフェラーリやアルファロメオが赤色のカラーリングをファーストカラーに選ぶのは、こういった背景の名残であると考えられます。

【考察】ポルコはなぜ豚の姿をしているのか

【考察】ポルコはなぜ豚の姿をしているのか

ここからは、いよいよ作品内容の考察に入っていきます。そして、恐らく誰もが疑問に思い、それにもかかわらず作中で一切の答えが提示されていない問題はすぐに思いつくのではないでしょうか。

それは言うまでもなく、ポルコが豚になってしまっているという事実そのものであり、この点については公開当初から現代まで実に多くの考察がなされてきました。すでにあらゆる可能性が検討されているため独自の観点は提示できないのですが、ここでは有力と思わしき仮説をご紹介してきます。

まず我々が真っ先に思いつく可能性としては、ポルコが人間界の殺し合いやファシズムといった邪念に嫌気を覚え、豚となることで俗世を逃れようとしたという説です。実際、彼は賞金稼ぎをしている傍らで「殺し」についてはとにかく嫌悪しており、自身が手を汚すことは決してありません。そしてこの思想の根本には戦争でかつて失った戦友たちの存在があると示唆されており、こうした自分を含む人間たちの生き方が許容できなかったために豚となってしまった可能性は十分に存在します。

 

また、あえて醜い外見となることで戦争で生き残ってしまった自身の罪を示すと同時に、自分を好いてくる女性を遠ざけようとしたという説もあります。彼は「死人」に敬意を表する一方で生き残った自分自身を酷く軽蔑しており、その結果として醜い外見へと自身を変化させたのではないかと考えることも可能です。

これはまた飛行機乗りにほれ込んでしまうジーナを遠ざけるためという側面もありそうですが、図らずも彼の周りにいる人々は豚の姿をしていることで彼を軽蔑することはありませんでした。それゆえに、彼の思惑がこれであったとすればある意味で作戦は失敗に終わっていることになります。

そして、最後はややメタ的な仮説になってしまうのですが、そもそもポルコが豚になったことに対しては明確な理由が用意されていないという説もあります。これは宮崎駿がつねづね言っていることですが、「物語の現象にいちいち原因と結果の説明が必要なのか」という発言から、この豚になったということについては我々が感覚的に理解するものであって、何か特段の論理的説明は必要ないというものです。

つまり、ここで言えばそもそも「ポルコはなぜ豚になったのか」ということを考察することに意味はなく、「ポルコは豚である」という事実にだけ着目しながら物語を見ることが正しい鑑賞スタイルなのかもしれません。

【考察】フィオやジーナとの関係性、煮え切らないラストには続編の構想があった?

【考察】フィオやジーナとの関係性、煮え切らないラストには続編の構想があった?

ここまでの書きぶりから、かなり作品に対して好印象を抱いていることは伝わっているかと思いますが、強いて難点を挙げるとすれば、物語のラストがやや尻切れのような形で終わってしまうことでしょう。

最終的にはポルコとゲーチスが決闘を行ない、危機一髪のところでポルコが勝利しました。しかしながら迫りくるイタリア空軍から逃れるために彼はその場を逃げ出し、果たしてフィオやジーナと彼の関係性がどのようなものになったか、そのあたりは一切が語られていません。

こうした演出は、ある意味で「観客の想像に任せる」という意図的なものにも見えますし、ポルコの末路が分からないことも大きな不満にはならないでしょう。本作は語られない細かな設定も多く、その結末にも一定の説得力があるからです。

ところが、我々が感じた消化不良感は、どうやら宮崎監督としても「続編を意識した意図的な終わらせ方」であったらしいのです。実際、彼は何度か「紅の豚」の続編を作りたいと発言しており、この発言を鵜呑みにすれば構想としては続編の製作余地があったことを意味しています。

 

もっとも、彼は上記の発言後すぐに「でもそれはダメだな。だってただの道楽になっちゃうし」と話しているので、どこまでこの続編構想が本気であったかは定かではありません。確かに宮崎監督が言うような蛇足感が出てしまう可能性は否めませんし、それは我々ファンではなく監督の自己満足に終始してしまうかもしれません。

しかし、個人的には非常にこの作品が好きなので、短編アニメでもちょっとしたアフターストーリーくらいは見てみたいと願わずにはいられません。やはり「自分の趣味」を全開にして制作しただけあって、監督も作品に対する思い入れが非常に強いようなので、もう一度映像化してほしいものです。

【評価】ジブリでも屈指の「大人な物語」は、ジブリ嫌いにこそ見てほしい

【評価】ジブリでも屈指の「大人な物語」は、ジブリ嫌いにこそ見てほしい

ここまで、本作の感想について述べてきました。文中でも触れているように紅の豚はジブリの作品内でもトップクラスの作品であると思われ、アニメ映画としては最高級の評価を下したいと思います。

私自身ジブリの作品は基本的に好きなのですが、本作はある意味で「ジブリらしくない」ところが非常に好みです。決して分かりやすく万人受けするようなエンタメ作品ではないので、恐らくジブリのネームバリューがなければこれほど多くの視聴者を獲得することはなかったでしょう。しかし、監督が本当に空や飛行艇を愛していたことが伝わってきますし、ポルコの生きざまには男ながら思わず惚れてしまいそうになるほどです。

さらに、冷静に考えてみれば悲惨な設定も数知れないのですが、それを独特なユーモアのセンスで飾り付けて単なるお涙頂戴系の作品に終始していないところも高く評価しています。ポルコは戦争で友人たちを失い、さらには醜い姿へと変わってしまっています。一方のジーナも三度飛行機乗りと結婚し、そして三度死別しているという悲惨すぎる背景を有しているのです。

しかし、作中では醜いとはいえ絶妙に可愛らしさも感じられる特徴的な外観でまず空気が和みますし、心中はともかく彼らが表面上は非常にさっぱりしていて「大人の割り切り方」を強く感じられます。加えて彼らと対峙する敵集団にはどこか憎めないところがあり、時にはドジを踏んでしまうアンバランスさが作品のムードを上手く盛り上げています。

 

そして、我々が悲惨な背景を一瞬忘れかけたところにふとしたタイミングで過去を思わせるような悲劇が影をのぞかせ、ここで我々はハッとさせられるのです。このあたりのコメディと悲劇のバランスは流石という他なく、軽くなりすぎず重くなりすぎない絶妙なストーリーが構成されています。

本作はこうした一面をもち合わせているので、個人的には「ジブリが嫌い」という方にこそ見てほしい作品だと思っています。どうしても「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」からジブリに入ってしまうと、どうにも子供向けで受け入れられないという方も少なくないかもしれませんし、ミーハーな作品を好きだと認めるのは難しいかもしれません。

ところが、本作は天下のジブリ作品とはいえ実に通好みな作風に仕立てられていますし、それが結果として他作品との差別化につながっているように思えます。

さらに、それでいて「もののけ姫」や「風の谷のナウシカ」のように極めて複雑な作品でもないので、内容を掴む難易度は非常に低かったりします。一見すると実に大人向けで落ち着いた物語ですが、神学や宗教的なメタファーはほとんど見られないため、かえって他作品よりもエンタメとしての完成度は高くなっているのです。

(Written by とーじん)

映画の配信本数が多い!U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーン

U-NEXTには見放題の邦画や洋画が多くあり、ポイントを使うことで最新の映画も見ることができます!

毎月1,200円分のポイントを貰うことができるので、個人的に動画配信サービスの中でも一番おすすめです。

無料のお試しキャンペーンがあり、無料期間中に解約することもできるので、まだ試していない方は是非どうぞ!

新作映画も見れる!
U-NEXT31日間の無料お試しはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です