海外映画/洋画の感想

韓国映画『オールド・ボーイ』ネタバレ感想・解説・考察!謎を呼ぶ設定と秀逸なネタばらしに舌を巻く傑作

映画『オールド・ボーイ』のあらすじ・内容

突然に拉致され、理由もわからずに15年もの軟禁生活を強いられた男――。ショッキングなプロローグで開始する映画『オールド・ボーイ』は、自分を軟禁した相手とその理由を確かめるために行動する男の復讐劇です。

主人公デスの行動とともに謎が明かされていく過程は非常に凝っており、アクションシーンのバランスも良くスリリングで目が離せません。しかし、軟禁の真相が明かされたとき、視聴者はとても嫌な気分になることでしょう。

今回はそんな『オールド・ボーイ』の感想や解説、考察について紹介していきます。なお、ネタバレを多く含んでいるので、視聴前に読む場合はご注意ください。

映画『オールド・ボーイ』を観て学んだこと・感じたこと

・15年の軟禁生活、デスの強烈なキャラクター、黒幕の動機、最後まで目が離せない展開が続く
・加害者と被害者の立場が交差する復讐劇
・鬱々とした気分になりたいときにオススメ

映画『オールド・ボーイ』の作品情報

公開日2004年11月6日
監督パク・チャヌク
脚本ワン・ジョユン
イム・ジュンヒュン
パク・チャヌク
出演者オ・デス(チェ・ミンシク)
ミド(カン・ヘジョン)
イ・ウジン(ユ・ジテ)
ノ・ジュファン(チ・デハン)
パク・チョルン(オ・ダルス)

映画『オールド・ボーイ』のあらすじ・内容

映画『オールド・ボーイ』のあらすじ・内容

妻子を持ち、ごく平凡ながらも幸せな生活を過ごしていたオ・デス。ある日の夜、彼は知らないうちに何者かによって拉致され、古いワンルームの部屋に軟禁されてしまいます。

テレビや食事があり、生活に不自由はないものの、部屋からは一歩も出ることができず誰とも話せません。時間の経過とともに発狂し、失意の日々を過ごしていたデスの心は、やがて自分を拉致した相手に対する復讐心で燃え上がり、ひとり脱出の計画を練ります。

そうして15年経ったある日、ようやく計画を実行しようとしたときに、突然彼は解放されました。一体誰が何のために自分を誘拐したのか。その真相を確かめるべく、デスは15年ぶりの世界に足を踏み出します。

映画『オールド・ボーイ』のネタバレ感想

監督パク・チャヌクによる復讐三部作のひとつ

監督パク・チャヌクによる復讐三部作のひとつ© 2004 – Tartan Films

冒頭から奇妙な設定が目を引く韓国の映画『オールド・ボーイ』。原作は土屋ガロン、嶺岸信明による日本の漫画『ルーズ戦記オールド・ボーイ』であり、1996~1998年にかけて雑誌『漫画アクション』連載されていました。当時の同誌には、今や国民的アニメとなった作品『クレヨンしんちゃん』も連載されています。

本作の監督であるパク・チャヌクは、今や韓国映画界を代表する人物のひとりです。2016年には小説家サラ・ウォーターズの歴史犯罪小説『荊の城』を原作とした映画『お嬢さん』でも高い評価を獲得しています。復讐劇を中心とする『オールド・ボーイ』は同監督による『復讐者に憐れみを』『親切なクムジャさん』と並んで復讐三部作と呼ばれることもあります。

本作は2004年の第57回カンヌ国際映画祭において、実質2番目の賞である審査員特別グランプリを受賞しました。なお、この年の映画祭における審査委員長は『キル・ビル』や『ジャンゴ 繋がれざる者』で有名なクエンティン・タランティーノ。できれば最高賞であるパルムドールを授与したかったとタランティーノから絶賛されるなど、本作は世界的にも非常に高い評価を得ています。

事実、2013年にはハリウッド版によるリメイクも制作されるなど、出来の良さは折り紙付きといえるでしょう。なお、本作は原作漫画、及びハリウッド版と比較して、舞台や設定、そしてオチが少しずつ異なっています。そのため、原作を読んでいなくても十分に楽しむことが可能です。

冒頭から謎だらけの展開に引き込まれる

冒頭から謎だらけの展開に引き込まれる© 2004 – Tartan Films

映画『オールド・ボーイ』の主人公は妻と娘を持ち、ごく平凡な生活を送る男オ・デス。冒頭、酒に酔い警察のお世話になったデスは、彼を迎えにきたジュファンがふと目を離した隙に、何者かによって誘拐されてしまいます。デスが目を覚ましたのは薄汚れたワンルームの部屋でした。電気や水道といった生活インフラが整っているだけではなく、室内にはテレビにベッド、洗面所も設置。食事も決まった時間に供給されるなど、少なくとも「ただ生きていく」ことはできます。

しかし、部屋の扉は固く閉ざされており、外へ出ることはできません。完全に軟禁状態です。なぜ自分が誘拐されたのか、いつ出してもらえるのか。自分を誘拐した首謀者はおろか、食事を持ってくる相手とすら話ができず、デスはただ部屋に閉じ込められます。気が狂って自殺未遂を起こしても、失神中に治療されて死ぬこともできないという異常な状況です。

やがて絶望の淵にあったデスの心に暗い光が灯ります。その光とは、自分を閉じ込めた相手に復讐すること。復讐を糧として、デスは狭い部屋のなかで心身を鍛えるとともに、脱出の機会をうかがいます。

けれども、誘拐されてから15年の月日が経ったある日、何の前触れもなくデスはいきなり解放されることとなりました。実は、デスが解放された時点で既に物語の大風呂敷は広げられており、一体誰が何のためにこのようなことをしたのかという疑問とともに、話へ引き込まれることとなります。

 

復讐心に駆られながら15年ぶりの外の世界へ飛び出したデス。街をさまよう彼のもとへ、浮浪者を使って誘拐の首謀者からデスのもとへ携帯電話が届けられます。デスは単に解放されたのではなく、何か首謀者の目的に巻き込まれていることがわかるのです。

デスは15年の軟禁状態で心身を鍛えた結果、複数のチンピラを片手で相手できる強さとともに、冷静に物事を見極める思考を手に入れていました。彼は自分の心身を武器として、首謀者の正体を確かめようと行動を起こします。こうしたデスの行動と、それをあざ笑うかのようにして首謀者が布石を打つ展開が、物語の面白さに拍車をかけているといえるでしょう。

その首謀者の正体は、実はわりと早い段階で明かされることに。しかし、正体が明らかになってからも、デスの積極的な動きと黒幕の動機を中心として物語は進むため、最後の最後まで目が離せません。

【解説】チェ・ミンスク演じるデスの強烈なキャラクター性

【解説】チェ・ミンスク演じるデスの強烈なキャラクター性© 2004 – Tartan Films

『オールド・ボーイ』が面白い理由のひとつは、主人公デスの強烈なキャラクター性にあります。デスを演じるのはチェ・ミンスク。『シュリ』などに出演していた頃はイケメン俳優のイメージが強かった彼ですが、本作ではその面影はありません。むしろ、本作を通じて演技派俳優としての地位を固めた印象があります。

プロローグに登場する、軟禁される前のデスは本当に平凡な男です。少し向こう見ずな性格ではあるものの、どこにでもいるような冴えない感じのサラリーマンといった様子が出ています。しかし、15年の軟禁生活は彼の性格を一変させることになります。誰とも会話できず、ただひとり、時間だけが過ぎていくのを待つ彼は早々に発狂し、幻覚を見てしまい、ついには自殺未遂まで引き起こします。

そこから首謀者への復讐を胸に、体を鍛え、テレビを使って思考訓練を行い、長い年月をかけて脱出の機会をはかるデス。冒頭からたった数分で見せる彼の変わりようは、軟禁がいかに異常で不条理なものであるかを物語っており、現代版巌窟王のような印象を与えます。苛烈な状況に置かれたデスの痛々しい様子は真に迫っているだけに、見ていて辛い気分になるでしょう。チェ・ミンスクの演技力の高さがわかりますね。

 

その後、期せずして脱出することとなったデスがとる行動は、彼が復讐に駆られたキャラクターであることを抜きにしても非常に面白く、一見の価値があります。何せ、軟禁中のデスは多くの行動が制限されていました。15年ぶりに現実の女性を見て必死で手を出さないように抵抗したり、煙草を吸って何ともいえない表情を浮かべたりと、どうにもデスの動きには笑える部分があります。

そして極めつけは、軟禁中に鍛えた心身の解放でしょう。いくら体を鍛え、実戦を想定した訓練を積んでいたとはいえ、それは素人による通信空手と何も変わらないはずです。しかし、凄まじい努力のおかげか、チンピラに絡まれたデスは初の実戦でアクション映画顔負けの活躍を見せ余裕で勝利してしまいます。

また、軟禁時に食事として出されていた餃子の味をもとに料理屋を特定し、配達員の行動を辿って軟禁施設を突き止めるなど、ただのおっさんとは思えないようなキレを見せるのです。

 

そんなデスは、黒幕の正体や動機を突き止めるために、自分より一回り以上も年下の女性・ミドと協力し、やがて愛し合っていくこととなります。

復讐に囚われたハードボイルドな男が、紆余曲折ありながらも可愛らしい女性とロマンスにおちる展開。どこか平凡さを感じたならば、それは既に物語の術中にはまっているといえるでしょう。ありがちなように見えるロマンス展開は、ラストでとんでもないネタばらしとともに、デスの心身を引き裂くこととなるのです。

【解説】所々にアニメや漫画のような演出も

【解説】所々にアニメや漫画のような演出も© 2004 – Tartan Films

もともと原作が漫画ということもあってか、本作の序盤にはアニメや漫画のようなシーンが多く見られます。この点が、鬱々とした復讐劇にある種の爽快感をもたらすことに成功しているといえるでしょう。

たとえば、軟禁施設に到着したシーンでは、警護している相手の後ろからデスが振り下ろそうとしているハンマーの入射角が破線で表示されます。これから相手が倒されるという様子をコミカルに演出しており、アクション映画のように錯覚してしまうことでしょう。

なお、『オールド・ボーイ』の広告ではハンマーを持ったデスが大きく写し出されており、作中でのコミカルな演出とは対照的に暗く重たい雰囲気が流れています。

 

また、軟禁施設からデスが脱出するシーンでは、数十名のチンピラを相手にしたバトルシーンが繰り広げられます。このシーンで印象的なのが、廊下に集まるチンピラとデスを真横からノーカットで撮影しているかのような映像です。横スクロールアクションのゲームのように、デスが雑魚キャラ相手に無双しているかのような光景が広がります。いささかデスの強さが過剰である感じは否めないものの、面白い演出です。

後半に進むにつれてデスのアクションは少なくなっていき、特殊な演出も影を潜めることに。それでも彼が動く度に、いささか強調されたアクション映画を見ているかのような爽快感を感じられるため、見ていて飽きることがありません。

【解説】黒幕ウジンの行動を振り返る

【解説】黒幕ウジンの行動を振り返る© 2004 – Tartan Films

デスを15年ものあいだ軟禁した張本人であるウジン。商業用の高層ビルの最上階にペントハウスを持ち、豪奢な内装の一室でブランド物の服を着込み、常に配下を周りに置いている大富豪の青年です。

彼は物語の早いうちから登場して、デスに自分の正体を明かします。自分の心臓にはリモコン式のペースメーカーをセットしており、いつでも自殺できるので拷問は効かないとデスに語るなど、作中においても異常さが際立っているキャラクターです。自分が死ねば永遠にデスを軟禁した理由はわからないぞと、まるでゲームのようにデスをもてあそんでいきます。

 

ウジンは資金と人脈を駆使してデスを軟禁します。しかし、彼の目的はデスを軟禁するだけではありません。軟禁から解放したあとに、自分の思い描いた展開になるようにデスの行動を誘導することこそが、ウジンの真の目的なのです。

ウジンがデスの行動を誘導した方法には、後催眠暗示が使用されています。後催眠暗示とは催眠から覚醒したあと、ある一定の行動をとるように仕向ける暗示のこと。デスが軟禁状態から解放されたあと日本料理屋へ行き、そこでミドに手を握られて気を失うというシーンがありますが、これはすべて後催眠暗示によるものです。

しかも、日本料理屋でデスに出会ったミドもまた、後催眠暗示にかかっています。彼女が一回り以上も年の離れた見ず知らずの男であるはずのデスを家に招き入れ、甲斐甲斐しく世話や協力をするのも、後催眠暗示によるものだったのです。

そこまでしてウジンがデスにさせたかったこと、それはデスとミドを愛し合わせることでした。実はこの展開こそ、ウジンがデスを15年ものあいだ軟禁していた、本当の目的だったのです。つまりウジンは、最初からデスを解放するつもりで彼を軟禁していたのです。

しかし、なぜウジンはデスとミドを愛し合わせるように仕向けたのか、そしてなぜ、15年という年月が必要だったのか。そこにはデスとウジンが同窓生であったことと、ウジンの姉が深く関係しています。タイトルの『オールド・ボーイ』とは、同窓生という意味です。

【解説】トラウマに注意!タネ明かしが最高に面白くて、とても嫌な気分になる

【解説】トラウマに注意!タネ明かしが最高に面白くて、とても嫌な気分になる© 2004 – Tartan Films

ウジンがデスを15年も軟禁したのは、実はデスに対する復讐のためでした。かつてウジンは姉のスアと愛し合っており、学校で性行為に及んでいるところを同窓生のデスに見られていたのです。デスはそのことを友人のジュファンにだけ話したところ、口の軽いジュファンからその話が学校中に知れ渡ったのでした。しかもスアは淫乱で、妊娠しているという噂まで飛び交う始末。噂に苦しんだスアは想像妊娠してしまい、絶望しながらウジンの目の前で投身自殺してしまいます。

スアが自殺したのはデスが秘密を知り、それを言いふらしたのが原因だとウジンは言います。物語の中盤、なぜ自分を軟禁したのかと問うデスに対して「口数が多すぎる」とウジンが答えたのこのためです。

 

しかし、学校で行為に及んでいたウジンとスアの無防備さを考えると、ウジンの物言いはあまりに自己中心的な考えであるといえるでしょう。そもそも噂を広めたのはジュファンであり、偶然に居合わせたデスがそんなに悪いことをしたのだろうかという疑問があります。

何よりも、間接的に姉を殺されたとするウジンの動機は、どうにもB級サスペンスドラマのネタっぽくもあり、この点はさほど面白いとはいえません。本作が最高に面白いのはウジンの動機ではなくその復讐方法にあります。

自分の姉を殺されたとするウジンが考えた最高の復讐とは、デスが愛したミドが実はデスの娘だったということ。つまり、ウジンはデスが気がつかないうちに近親相姦を行うように仕向けていたのでした。

デスに対してウジンがこのネタばらしを行う場面は、本作の一番の見どころであるとともに、最高に酷い気分にさせられるシーンです。上質なミステリのネタばらしを見ている気分になる一方で、倫理的なタブーによってデスが絶望に追い込まれる姿には非常に嫌な気持ちにさせられます。

しかも、ミドにその事実を知らせようとするウジンに対して、デスがみっともなく床に這いつくばってウジンへ許しを請うた結果、自分の舌を切り落としてしまうシーンは衝撃的です。因果応報と呼ぶにはあまりに凄惨な展開であり、デスとウジン、被害者と加害者の関係が交差した瞬間でもあるといえます。

【考察】もやもやした気持ちが残る結末、どのように解釈すればいい?

【考察】もやもやした気持ちが残る結末、どのように解釈すればいい?© 2004 – Tartan Films

真実を知ったデスの姿に満足したウジンは、結局ミドへ真相を知らせるのをやめました。そして、デスへの復讐を果たした彼は生きる意味を失い自殺してしまいます。

罪の意識に苛まれ、ミドと取り返しの付かないことをしてしまったデスは、後催眠暗示で自分の記憶を消すことを選びます。物語のラスト、ミドと再会するデスの口から、詳細が語られることはありません。再開したミドがデスを抱きしめ、「愛している」と言って物語は幕を閉じます。

 

エンドロールを見ながら、おそらくもやもやした気持ちだけが残ることでしょう。デスがどのような記憶を消したのかについては、最後まで明らかにならないからです。ミドとの出会いすべてを記憶から消したのか、もしくはミドが娘であるという記憶だけを消して、彼女を愛することにしたのか。或いは、そもそも記憶は消えていないのか――。

死ぬ直前のウジンは、こんなことを語っていました。「俺達は全てを知って愛し合った、お前たちはどうだ」と。いかようにも解釈できるラストはスッキリとはせず、それだけに考えさせられる内容となっています。

本作には舌を切り落とすなどのグロテスクなシーンや、倫理的なタブーにも深く踏み込んだ展開があるため、こうした内容が苦手な人には辛いものがあるかもしれません。しかし、序盤の謎に満ちたスリルある展開から一転、終盤に向けて暗く鬱々とした流れが加速していく様子は、ミステリ仕立てのネタばらしも含めて非常に見応えがあります。

日本の漫画を昇華させた『オールド・ボーイ』は、韓国映画の傑作といっても過言ではないでしょう。特に、鬱々した気分になりたくて面白い映画を探している人には太鼓判を押せる出来となっています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です