海外映画/洋画の感想

映画『ラ・ラ・ランド』の感想・ネタバレ解説!夢追う男女を描くミュージカル作品

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ・内容

映画『ラ・ラ・ランド』は「きみに読む物語」「ブルーバレンタイン」などの映画に出演したライアン・ゴズリングと、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズでヒロインを演じたエマ・ストーン主演のミュージカル・エンターテイメントです。

2016年度の最高の映画のひとつと評され、アカデミー賞で6部門、ゴールデングローブ賞で7部門を受賞したこの映画は最高に心躍り、最高に泣けて、最高にロマンティックな映画でした。

今回は映画『ラ・ラ・ランド』のネタバレを含む個人的な感想や解説を書いていきます!

映画「ラ・ラ・ランド」を観て学んだ事・感じた事

・ずっと一緒にいることはできなくても、大切な人は人生の中にいる。
・夢を見ることは、見てきたことは馬鹿みたいなことじゃなかった。かけがえのない日々
・踊りたくなるような、口ずさみたくなるような、素敵な音楽とダンスシーン

映画「ラ・ラ・ランド」の作品情報

公開日2016年
監督デミアン・チャゼル
脚本デミアン・チャゼル
出演者セバスチャン・ワイルダー(ライアン・ゴズリング)
ミア・ドーラン(エマ・ストーン)
キース(ジョン・レジェンド)
ビル(J・K・シモンズ)

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ・内容

映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ・内容

舞台は大都会ロサンゼルス。女優志望のミアはカフェでアルバイトをしながら、オーディションを受けていますがうまくいかない日々を送っています。

ある日、ミアはとあるバーでピアノを弾いていたピアニストのセバスチャンの演奏に心を奪われます。セバスチャンは本格的なジャズの店を作る夢を持っていました。

やがて惹かれ合い、お互いの夢を支え合う二人でしたが、セバスチャンが店の資金作りのために加入したバンドが成功するにつれて、二人の生活はすれ違い始めます…。

ロサンゼルスの街を舞台に、出会いの冬から、春、夏、秋へ。季節の移り変わりとともに二人の切ない恋物語が展開します。

映画「ラ・ラ・ランド」のネタバレ感想

映画「ラ・ラ・ランド」のネタバレ感想Summit Entertainment

既に映画を観た友人が「映画館から出た後、泣きすぎて公園でクールダウンした。今まで観た中でナンバーワンかもしれない」と言っていました。

それにライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが向かい合うビジュアルがすごく素敵です。

そして私は「シェルブールの雨傘」や「レ・ミゼラブル」などミュージカル映画が大好きだったので、これは絶対に観なければ…と意気込んで鑑賞しました。以下ネタバレ含む感想です。

希望と挫折が詰まったオープニング。突如始まるダンスシーンにすでに感動&涙

映画「ララランド」希望と挫折が詰まったオープニング。突如始まるダンスシーンにすでに感動&涙Summit Entertainment

映画はロサンゼルスの高速道路から始まります。高速道路は大渋滞で、それぞれの車のステレオからは様々な音楽、ブブーとクラクションを鳴らすひとたち。

そしてオープニング曲「Another day of sun」が始まります。これが最高に良い曲です!ある車の中で女性が歌いだし、車から出て踊ります。そこから他の車の人たちもどんどん出てきて賑やかなミュージカルが始まります。歌う人もどんどん代わり、飛んだり跳ねたりめまぐるしいダンス。トラックの荷台を開ければ陽気なバンドが出てきてさらに盛り上がります。

フラメンコやブレイクダンスが一緒に合わせて踊る、多国籍で多文化で、皆が音楽とダンスが好き!という一体感が描かれています。

 

実はダンスと音楽に夢中であまり深く歌詞を追えなかったため、後日再度歌詞を改めて読んだのですが、「あの日のことを思い出す。私は彼を残して長距離バスに乗った。17歳同士 彼はとってもやさしい人だった でも私は決めていた 心に固く~中略~ 彼はいつか映画館でスクリーンに私の姿を観て、あの頃の私の姿を思い出すでしょう。」という女優志望の女の子と「いつか自分の歌で誰かの背中を押せたらどんなに素敵だろう」と夢見る歌手の歌です。

詞を追ってみると、この曲はこれから始まる物語の2人の主人公を思わせるだけでなく、この場で踊るたくさんの役者さんや、スクリーンに向かう観客たちにも重なる歌のように思えてきました。「貧乏でも落ち込む日があっても、また晴れた日が来るよ。」歌を聞きながら、一瞬自分の人生に意識が飛びます。

 

このオープニングに出演していたのは100名のきっと無名のダンサーたち。大きな映画だし、それぞれ一人一人にスポットを当てているし考えてみたらすごい役、それでもアンサンブルと呼ばれるこれらの役も、オーディションで勝ち取ったんでしょうか。一人一人に目を凝らして「あなた素敵だったよ!」と握手してお伝えしたいくらい、夢や希望だけじゃなくて、うまくいかない寂しさも音楽に表情にダンスに詰まっていました。

本編に入っていないオープニングで大満足してしまい、すでにボロボロ泣いていました。この涙は「いいもの見せてもらった!」というだけでなく、自分の置いてきた夢のことも重ねて考えていたから、少し悲しい涙だったのかもしれません。

ダンスシーンの後は、しれっと皆さん車に戻り、本編が始まります。

このたくさんの車の中にはミアがいて、車の中でオーディションの台詞を覚えています。台詞覚えに夢中なミアは前の車の発進に気づかず、後ろの車に煽られる。その車に乗っているのはセバスチャン(以後セブ)で実はここは二人の出会いなのですが、もちろんお互いただの煽る人・煽られる人なのでさらりと?(ミアは中指たてて挑発しますが)すれ違います。

主役二人が魅力的。説得力のある演技

ララランドの主役二人が魅力的。説得力のある演技Summit Entertainment

この物語は主役二人が本当に魅力的!まずミアを演じるエマ・ストーン。すらりとしたスタイル、ぱちっと大きな目でとても美人なので「こんなに可愛いエマ・ストーンはオーディション落ちるような女優の卵に見えるのか?」と思いつつも、カフェでアルバイトする姿は女優オーラを微塵も感じずにちょっと不器用な雰囲気で、オーディション中も熱演しているにかかわらず、“あ、これダメかも”と思わせるような絶妙な演技がさすが。

それにしてもオーディションのシーンや、業界への“もしかしたら”の出会いを求めて出かけたパーティーでぞんざいに扱われるシーンは、私自身舞台女優を目指していた時期があったのでミアに共感しきりでした。

頑張っても頑張っても空回り。自分に興味が持たれないのが空気でわかってしまう、品定めするようにじろじろ見られた後にすぐに落とされる。演技云々の前に自分の魅力の無さを突きつけられるようで本当につらいものです…。役者じゃなくても、仕事とか日常生活の中にちょこちょこありますよね。

 

ちなみに、チャゼル監督はエマやライアンに実際に経験したオーディションの失敗談を聞き、演出に活かしたそうです。そう、当たり前だけどエマやライアンにだって不遇の時代はあったということです。

Wikipediaでは、個人的にはエマはオーディションに落ち続けていたのは初めの1年で、コンスタントにキャリアを重ねているように思いましたが、苦労は他人にはわかるはずもありませんね。

 

一方セブ演じるライアン・ゴズリング。ちょっと神経質そうで、自分の音楽にも自信を持っています。ジャズが廃れていく街を憂い、いつか本格的な自分のジャズの店を持つという静かな情熱を持っています。

容姿も含めてすごく男らしくかっこいいと思うのですが、どこか可愛らしくて間の感じも面白くて、ライアン自身ももしかしたらちょっと抜けている人なのかもしれないな。そんなやわらかい雰囲気の滲み出た、ジャズを風化させまいと高い志を持つ優しい目の孤高のピアニストでした。

これはもう有名な話なのですが、セブの演奏シーンは全部ライアンが弾いたとのこと。3ヶ月スタジオで練習したそうです。どんな状態のスタートからはわかりませんが、こんなにプロのように弾けるなんて(私の素人目ですが)本当にプロ意識が高いんだなと思います。でもご本人もバンドをやられているので、元々音楽好きでセンスも良いんでしょうね。そんな後日談を知っていたからかもしれないけど、吹き替えを使わないところで、セブのピアノを弾く表情や役にも説得力が出ているように思いました。

何も語らなくても。ダンスと音楽で恋に落ちた瞬間を表現する素敵さ

何も語らなくても。ダンスと音楽で恋に落ちた瞬間を表現する素敵さSummit Entertainment

ミュージカルなのでテンポがすごく良く、ダンスと音楽に目を奪われながらも物語がさくさくと進んでいきます。

ミアが女友達とパーティーに出かける時の「SOMEONE IN THE CLOUD」。誰か私を見つけて夢の場所に連れていってくれないかな~という内容のこの曲は、アップテンポで友人達と踊ったり、ミアの心情と一緒にしゅんとスローになったり、強弱があってノリの良い曲です。誰かに連れて行ってもらうだけじゃなくて、自分で準備も出来ていないといけないよという、ただの夢見る人じゃなくて普段から努力している人へ贈る歌で、エマ・ストーンの歌声は聞きやすく、可愛い歌声でした。

ミアがバーでセブに出会った時にセブがピアニストとして演奏していた曲は「MIA&SEBASTIAN’S THEME」。タイトルからして二人のテーマソングだったんですね。静かに始まる切なくて美しい曲で耳に残ります。

 

そしてパーティーで再会した二人がロサンゼルスの夜景を背景にして踊る「A LOVERY NIGHT」。きっとダンスをしている方やずっとバレエを習っている方とかからすると、おいおい!と思うレベルかもしれないんですが、ダンスって上手いヘタじゃないんだなと改めて思いました。

二人ともとても上手なのですがやはりダンサーではないので、ライアンがくるくる回る時にはぎょっとしますし、曲が後半になるにつれてさらにバラバラになってしまうところも人間味があって、ちょっと不器用な二人のダンスとしてとってもよかったです。ピシーッとカッコいいとちょっと違うかも。この2人はこれで良い。

そして2人が恋に落ちるシーン。細かくいうと2人は初めからお互い少しずつ惹かれ合っていたので、“恋に落ちたのに気がついたシーン”なのですが、私はここが本当に大好きでした。グレッグという恋人とディナーの約束をしていたことを忘れ、セブと映画を観に行く約束をしたミア。この映画を観に行くのも、オーディションの研究のためにこの映画を観るべきだ!とセブが誘ったものでデートでは無かったのですが、ミアは後ろめたいながらもグレッグとの食事会に行き、セブはひとり映画館で待っています。

食事会にはグレッグの優秀そうな兄、華やかな兄の嫁?も同席し、リッチなものだったんですけど、ミアはなんだか所在ない…というかあからさまに興味無さそう。そんな時にお店にとあるピアノ曲が流れます。その曲はミアがセブに出会った時に、セブがバーで弾いていた曲でした。ミアは曲を聞いているうちに、自分が本当はセブと一緒にいたいんだということに気がつきます。この時の表情の変わり方がとても良い。そしてグレッグに謝り、店を飛び出してセブの待つ映画館に走るのですが…。

こういう展開だと私はいつも「置いて行かれる方が可哀想でしょうよ!」と憤慨するたちなのですが、この時のミアがすっごくすっごく可愛いんです。恋に落ちた嬉しさ、会いにいける喜びでニコーッと笑顔で小雪降る中走るのですが、いいないいなこの感じ!恋に落ちるっていいな!とこちらも目がハートになってしまった。このシーンでミアに恋した人も多いのではないでしょうか。

 

そして映画館で迎えた時のセブの微笑みから、言葉に出さなくても相思相愛であることがわかった二人は、少しずつ距離を縮めていき、キスをしようとしますが映写トラブルにて映画は途中で終わってしまいます。そこで上映していた映画の中に出てきたグリフィス天文台に移動し、デートを続ける中でワルツを踊ります。

ミュージカル王道!という演出で、ミアもセブもプラネタリウムの星空の中にワイヤーアクション?で浮上していき、くるくる踊るのですが、広い宇宙に二人だけ、二人の目にはお互いだけ。そんな恋の始まりのときめきが美しいワルツの中で描かれていました。好きとか愛してるとか、恋って何も語らずとも伝わるものですよね。

夢を語り合い支え合い、尊重し合う。二人の関係が羨ましい

映画「ララランド」夢を語り合い支え合い、尊重し合う。二人の関係が羨ましいSummit Entertainment

季節は夏。ミアはセブの勧めで一人芝居の脚本を絶賛執筆中、セブはジャズバーでレギュラーでは無いですが演奏をして、二人とも自分の夢に向かって充実な日々を過ごしています。デートもたくさんして二人とも幸せそうです。

何が良いって、二人がお互いの夢を尊重し才能を認め、支え合っていること。お互いが多分、“この人は才能がある、うまくいってほしい!”と思っているところ。これは普通のことなんでしょうか?私はどちらかが少し見下していたり、口では「応援している」と言っても本心ではそうじゃなかったり、自分の夢を優先するあまりもう一方には堅実な職について欲しいと思うなど、もしくは相手がそう思っているんじゃないかと思い込む、そんな人々をよくみてきた気がします。

だから心から応援し合うミアとセブが羨ましいです。一人芝居が形になった時にまず一番にセブに見せるミアや、それを観て「君は才能がある!」と誉め称えるセブ。セブの将来の店のロゴを考えるミアも可愛かった。こんな関係は理想です。

 

そしてちょっと笑い合ったり見つめ合ったりしながら「City of Stars」を二人でデュエットするシーンでは、楽しそうで愛があって、エマとライアンの関係も良いものなんだろうと思わせるものでした。この曲は、「私達の夢がやっと叶う」「新しい扉が開く」「私がいるよ大丈夫」「今、こんなに輝いてる」色々あったけどもうすぐ夢が叶うねという、希望の歌です。でも寂しいメロディーなのは、まだ夢の途中で、自分たちに大丈夫だよ、大丈夫だよと言い聞かせている不安な段階であるからかもしれません。

そしてそんな良好な関係も、セブが店の資金のために昔の仲間に誘われるままバンドに加入した時からすれ違いが出てきます。

一生懸命だからこそすれ違う二人。どちらも悪くない

一生懸命だからこそすれ違う二人。どちらも悪くないSummit Entertainment

季節は秋。ミアの一人芝居はもうすぐ、稽古も佳境に入ります。一方セブのバンドは大成功、ツアーでなかなか家に帰れず、会えない日々が続きます。そんな中、サプライズでセブは忙しい中家に帰り、ディナーの準備をしてミアを迎えます。嬉しそうなミアですが、ディナー中に喧嘩をしてしまうのです。

セブはバンドのツアーにミアについてきて欲しい。そこでちょっとミアはあれっとなりますよね。だってミアの舞台本番はもうすぐ。今が一番大事な時で、それなのにツアーについてこいっていうことは、こちらの舞台は“どうでもいいもの”だと思っているの…?と。小さな小さな舞台でも、脚本執筆から劇場探し、小道具準備。そして何度も稽古して、迫ってくる本番、それも初舞台に不安になっている時期です。セブには一番応援して欲しい時期なんだと思うんですね。だけどセブにも悪気は無く、ミアともっと一緒にいたいから提案をしたんだと思います。

まあそれはミアも分かっているようで、話を変えて「いつまでこのツアーは続くの?」と聞きます。ここでグサッときたのがセブ。セブ自身もバンドの音楽性の違いになんとか折り合いをつけながら、それでも資金や暮らしのために稼がなくてはいけなくて、そしてそれは“ミアのため”とも思っていた。そう思うことでなんとかやっていたのではないかと思うのですが、それをミアに指摘されてムムっときたんでしょう。

でもミアは自分のため、なんてそんなことを望んでいないはず。どちらの気持ちも分かりますし、どちらも自分だけでなくお互いを思いやっている。だからこの衝突は必然であったように思います。そしてセブは「女優に何がわかる」とミアに言ってしまい(もしかして無意識に下に見ていたのかな)ミアは家を出ます。

 

そしてミアの舞台本番では、セブは雑誌の撮影があったことを忘れていて、ミアの舞台に行けませんでした。舞台が終わり、お客さんに一礼をして顔を上げたミアが見たのは、ちらほらと少ししかいない観客。空席だらけ。予約席にしていたセブの席も空。その後楽屋でお客さんが「大根だ」と自分のことを話ているのを聞き、ミアはショックを受け、「もう終わりだ」とセブ(平謝りしている)に告げ、故郷に帰ることを決めます。

でも、見てる人は見ていて、キャスティングディレクターがこの舞台を観に来ていて、準備して真面目にやってきたミアに対して大絶賛だったそう。ぜひ大作映画のオーディションをと恐らく何かで連絡先を知ったセブとミアの家に電話をし、セブはミアの故郷まで迎えに行くのです。

迎えに行ったセブにミアはいっぱい吐き出します。もう恥はかきたくない。馬鹿にされたくない。自信が無い。それを全部受け止めて、でも怒るでも取り繕うでも無く「明日8時に迎えにくる」とセブは言い、次の日ミアを連れて帰ります。ミアもたくさん弱音を吐いて、涙を流したので素直になれたんじゃないかと思います。

夢みる人と夢破れた人へ。ミアのオーディションシーン

「ララランド」は夢みる人と夢破れた人へ。ミアのオーディションシーンSummit Entertainment

終盤のミアのオーディションのシーンがとても印象に残っています。脚本は未だ無い、何か自由に語ってくれというオーディションで、ミアは自分が女優になったきっかけとなったおばさんがパリのセーヌ川に飛び込んだ話をしました。その話はだんだんと「Audition (The Fools Who Dream)」という歌になっていきます。

“おばさんはセーヌ川に裸足で飛び込んで、水が冷たくて一ヶ月くしゃみをしたけどまた飛びたいと。夢を追う人は馬鹿に見えるかもしれないけど、愚かに見えるかもしれないけど、どうか痛む心に、夢追い人に乾杯を。おばさんはこう言った、「ほんの少しの狂気が新しい色を見せる。」明日は誰にもわからないから夢追い人は必要だ”

夢見ることって、それが役者や絵画や書くことなど何か創作的なことは特に、うまくいかなければ馬鹿っぽい遊びっぽいことに見えるかもしれない。それに凍えたセーヌ川に飛び込むなんて実際馬鹿じゃない?とも思う。でもそのセーヌ川の冷たさを知らない世界より、知った世界の方が豊かじゃない?気になったらやらないより、やってみたほうが新しい世界が見れない?とぐいぐいくる。

そして情熱を燃やして、それでもうまくいかずに燃え尽きたたくさんの先人たちの光を思い、自分の消えそうな光を思う。「ほんの少しの狂気が新しい色を見せる」この言葉に勇気づけられました。

ミアがこの歌を情感こめて声を張って歌うので、聞いているこちらも胸がぎゅっとしました。

そしてミアとセブは、今はお互い自分の夢に没頭する時と話し合って別れます。ずっと愛してると。

ララランドの結末。一年足らずのよくある恋かもしれないけれど

ララランドの結末。一年足らずのよくある恋かもしれないけれどSummit Entertainment

5年後の冬。ミアは大女優になって、前に勤めていたカフェにコーヒーを買いに来ています。すごく女優オーラが出ていて、前のミアの可愛さが優雅に変わっています。さすが女優。

そして自宅に戻ると…小さな可愛い女の子。でも夫はセブではありませんでした。そしてセブも自分のジャズの店を持ち、別々の人生を歩んでいます。

「そうか…。」と悲しくなる一方、そうだよなとも思いました。描かれていない離れている5年間というものはとっても長いもの。その間いろんな出来事があってたくさんの出会いがある。やっぱりちょっとずつ変わっていくんです。そして考えてみたらセブとミアが一緒にいたのはわずか一年足らず。すごく良い恋愛であったと傍目から見ても思うけど、それが一生の恋だとは言い切れない。夢を必死に追う中で、自分に没頭する中で、消えていくくらいものだろうとは思うんです。

二人の出会いは二人にとってとても必要だった。ミアがいたからセブは自分の夢を取り戻して店を持つことができたし、ミアはセブがいたから夢を諦めないでいられまあいたが、でもそれまででした。一緒にいる時は終わって、新しい大切なものを見つけながら人生は続いていくんですよね。

 

そしてミアと夫が夜のデート中、偶然セブの店に寄ることに。セブの店の名前はかつてミアが提案して却下された「セブズ」という名前でした。そしてミアが店に来たことを知ったセブは、思い出の曲を弾きます。そして“もし、あの時こうしていたら。二人はどうなっていたか”の人生を夢想します。

もし、セブがバンドをしなかったら。ミアの舞台を観に行けていたら。もし、パリについて行っていたら。めくるめくダンスシーンの中、空想の中の二人はとても幸せそうでした。そして今ミアの夫がいる場所に、ミアの隣に座ってこの店にお客としている…そこで空想は終わります。セブはそこで、この選択がお互いにとって間違ってなかったんだと気づいたように私は思いました。

 

そしてセブ側に家族や恋人の存在が描かれていなかったのも良かった。例えばジャズハウスで子供が「パパー」って観ているとか。セブ側に少しの未練や後悔、愛情を置いておくことに、一方は待っていた…ということが、物語に切なさと深みを与えたなと思います。そしてもし待つのがミアの側だったら、男女の違いであると思うのですが、悲しすぎたかと思う。

ミアの選択を理解し、幸せを願う。最後に二人が目を合わせた時、そんな最後のセブの優しい表情によって、お店に入ってからずっと罪悪感と少しの後悔で辛そうだったミアの表情がやわらかい笑顔になっていくのが本当に本当に良かった。二人ともお幸せに…。

「ラ・ラ・ランド」を観て、人生で何度か思い出すような映画のひとつに会えた!嬉しい!という気持ちで観終わりました。

セブに恋しミアに勇気をもらい、私も自分の選択に後悔しないように生きて行こうと思えた作品でした。

映画「ラ・ラ・ランド」の動画が観れる動画配信サービス一覧

 配信状況無料お試し
Hulu2週間
Netflix30日間
FOD1ヶ月
U-NEXT31日間
auビデオパス30日間