日本映画/邦画の感想

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ネタバレ感想・解説!太宰の生涯を描いた「クズ」な作品

小栗旬の太宰治役は、演技が意外とハマっていたかも

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』は、国民的大作家である太宰治の生涯をもとに、彼が愛した3人の女性たちを登場させた文芸映画です。

タイトルそのものは太宰の代表作である小説『人間失格』から拝借されているものの、本作はこの小説の映像化ではなく、あくまで太宰の生涯を実話ベースで描き出している作品です。

そのため、同小説を全く読んでいなかったとしても話の理解には困らないでしょう。

今回はそんな『人間失格 太宰治と3人の女たち』の個人的な感想や解説、考察を書いていきます!なお、ネタバレには注意してください。

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』を観て学んだこと・感じたこと

・改めて太宰は「人間失格」だと実感した
・3人の女性たちはそれぞれキャラが立っている
・ストーリーよりは画先行の映画かも

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の作品情報

公開日2019年9月13日
監督蜷川実花
脚本早船歌江子
出演者太宰治(小栗旬)
津島美知子(宮沢りえ)
太田静子(沢尻エリカ)
山崎富栄(二階堂ふみ)
佐倉潤一(成田凌)
太田薫(千葉雄大)

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』のあらすじ・内容

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』のあらすじ・内容(C)2019「人間失格」製作委員会

すでに天才作家としての地位を確立していた太宰治。彼には、津島美知子という妻がいました。彼女は身重の立場でありましたが、夫の恋や自殺未遂に悩まされていきます。

もともと移り気な太宰は、あるとき文芸作家を志望する静子という女性に出会い、瞬く間に恋に落ちていきました。

しかしながら、彼が手を出したのは静子だけではありません。身重の妻と息子たちをしり目に、彼はさらなる第三の女性として富栄にまで恋を持ち掛け、彼を取り巻く環境は泥沼のものとなっていくのです。

それでも太宰を見捨てなかった美知子に激励された彼は、新たなる作品として「人間として失格ともいうべき男」の生涯を描く作品に着手するのでした。

新作映画も見れる!
U-NEXT31日間の無料お試しはこちら

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』のネタバレ感想

【解説】太宰が生涯で愛した女性は美知子・静子・富栄だけじゃない?

【解説】太宰が生涯で愛した女性は美知子・静子・富栄だけじゃない?(C)2019「人間失格」製作委員会

まず、この映画を楽しむためには「太宰治の生涯と恋愛遍歴」を押さえておくのが無難でしょう。彼の小説を読んでいる必要はそれほどありませんが、実際に彼がどのような恋を繰り広げたかということを知っておくと、映画と比較しながら楽しむことができます。

本作を鑑賞して「太宰治はなんとクズなのか!」とお怒りになった方も少なくないかもしれませんが、本当の彼の生涯は本作で描かれていない部分を含めると「もっとクズ」なのです。

 

太宰の泥沼ともいえる女性遍歴で最初に名前が登場するのは、津島美知子ではなく小山初代という芸妓の女性でした。当時まだ旧制高校生であった太宰は彼女と店で知り合うと、彼女を連れて東京へと上京。そのまま同棲します。しかし、この流れで誕生したような関係性は太宰の実家に認められず、二人は内縁の関係で結ばれることになります。

ところが、太宰はこの時期に田部シメ子というカフェの女給と恋に落ちます。太宰は彼女とカフェにて知り合い、二人で何度か顔を合わせました。しかし、驚くべきことに太宰とシメ子はまだ数回した会ったことがないにもかかわらず、二人でカルモチンという薬物を手に鎌倉へと向かうと、そのままともに服毒自殺を試みたのです。

その結果シメ子のみが亡くなって太宰は生き残りましたが、当然ながら彼は自殺ほう助の罪に問われることに。しかし、太宰は津島家という有力な一家の超ボンボンであったため、罪がもみ消され起訴猶予処分になりました。

この事実を知った初代は激怒しましたが、彼女もまたのちに太宰の義弟と男女の仲になってしまいます。これを告白された太宰はふたたび二人でカルモチン自殺を試みましたが、今度は二人とも生存しました。しかし、この自殺騒動の同年には二人が離別し、初代は郷土へと帰ったと言われています。

 

そして、この次に出てくる女性こそが、本作では「第一の女」ともいうべきポジションにある正妻の津島美知子なのです。ここまででこれだけ乱れ、女だけでなく薬漬けの状態にあった太宰と結婚した理由については、太宰の師である井伏鱒二が彼の結婚について面倒をみたためと言われています。

もっとも、太宰の放蕩さをこれでもかと理解していた井伏は、自身が仲人となることにかなりの難色を示したと言われています。そこで太宰は彼に「乱れた生活を正す」という誓約書を提出し、井伏もしぶしぶこれを受け入れました。これはあくまで推測ですが、井伏も一度身を固めれば、太宰のいい加減さが少しはましになるだろうという希望もあったのかもしれません。

二人の結婚生活がどういうものになっていったかは、映画の中で描かれているとおりです。彼が「人間失格」なのは言うまでもないことですが、そもそもの問題として「どうしてこれだけモテたのか」という点は、個人的にもすごく気になります。やはり、端正な顔立ちとどこか漂う「危うさ」がかえって女心を引き付けたのかもしれません。

小栗旬の太宰治役は、演技が意外とハマっていたかも

小栗旬の太宰治役は、演技が意外とハマっていたかも(C)2019「人間失格」製作委員会

本作で太宰治役を務めたのは、言わずと知れた二枚目俳優の小栗旬です。私は映画も文学も好きなので本作の発表がなされたときはすぐに注目して情報を眺めてみたのですが、正直に言って「小栗旬は太宰役にはイケメンすぎないだろうか…」と思いました。

あくまで私的なイメージですが、小栗旬といえば花より男子の花沢類のような正統派イケメンや、逆にクローズZEROの滝田源治のようなアウトローの印象が強かったためです。太宰は危うくてうじうじしたタイプだという考えが強く、小栗旬では画面が華やかすぎると感じました。

しかし、映画を見ていくとそうした違和感はあまり感じなかったことに気づきます。やはり史実の太宰と比べればいくらかイケメン度は高めでしたが、見事に「どうしようもないクズ」を演じきっていたように思えます。少なくとも役に合っていないという感覚はなく、しっかりと太宰のだらしなさにイライラできたのが何よりの証拠かもしれません。

もちろん、太宰については戦後まで生きていたので、顔写真もばっちり残っています。皆さんの中でも彼の顔を思い浮かべるのは難しくないでしょうし、似た俳優を寄せて起用することもできたでしょうが、個人的に小栗旬を起用したことで、映画としての説得力が大幅に増したように思えるのです。

 

先ほども述べましたが、我々は太宰の恋愛遍歴を見ると「どうしてこいつはこんなにモテたのか」という疑問を抱かざるを得ません。仮に彼が本物のクズなだけであればこれほど女性は寄り付かないでしょうし、そこに何かしらの魅力があったことは明らかです。

ただ、そうした「ただのクズではなく、内面のこういう部分が女性を引き付けた」という人間描写を詳細にこなすには、2時間程度の映画はやや尺不足でしょうし、制作人の技量もかなり求められてきます。

そこで、安易ではありますが屈指のイケメン俳優を太宰役にあてることで「まあこんだけイケメンなら女性たちが惚れるのも納得か…」というように、我々の心理をうまく誘導してくれているのでしょう。これ自体は後述するように「太宰というよりも太宰に惚れてしまった女性たちをメインに描く」という映画にするためには最適な処置だったように思えますし、太宰がうまく舞台装置として機能していました。

【解説】太宰というよりは、むしろキャラの立っていた三人の女性たちが主役か

【解説】太宰というよりは、むしろキャラの立っていた三人の女性たちが主役か(C)2019「人間失格」製作委員会

太宰が舞台装置として機能していたと先述しましたが、鑑賞前に私が想像していた(おそらく皆さんも想像していた)本作における太宰の役割は、主役としての太宰であったことでしょう。しかし、いったいどうして彼が一種の舞台装置と化したか、そのあたりを解説してきます。

まず、本作における太宰は、これでもかというほど「クズ」として描かれています。史実における彼も聖人には程遠いのですが、本作における彼は想像ではありますが史実よりもずいぶんと誇張されて悪く描かれていたような気がしてなりません。

そして、これでもかというほどダメっぷりを披露していた太宰に、必然的に視聴者がいら立ちを募らせていくことも制作陣は承知の上で映画を作ったのだと思います。この場合、映画の見せ方としては大きく二通りの選択肢が考えられ、まず一つは「クズの太宰が更正していく」というストーリー構成を採用することです。

これは非常にオーソドックスな手法で安定感がある一方、ありきたり感が否めないうえに事実ベースの本作とは相性が悪いです。

 

また、もう一つの選択肢として考えられるのは、本作が採用したであろう「クズはクズのままで、その周囲の人々を巧みに描写していく」という手法。こういう作り方をすると、上記の欠点を補いつつ、キャラクターをうまく描けばよい作品になりえます。

本作で、この周囲の人々にあたる女性三人の描き方は、かなり評価できるものがありました。浮気を知りながら家庭生活を貫く美知子、作家を目指す「強さ」と太宰への依存という「弱さ」の両面を兼ね備える静子、偏愛とも呼ぶべき執着を見せつける富栄。それぞれ演じる女優陣の美しさも素晴らしかったですが、全員が等しくどこか間違った生き方をしているという、その退廃的な姿をよく演じられていたと思います。

ただ、本作のテーマ上致し方のないところは否めませんが、やはり文学者としての太宰に大きな影響を与えた周囲の人々として、他の作家たちに関する描写がもう少しあるとよかったのではないかと思いました。私は彼の作風がどのようにはぐくまれ、そして周囲の人々とのかかわりでどのように変化していったかをある程度知っているので問題なかったですが、太宰知識のない方にとっては、ちょっとピンとこなかった場面も少なくなかったのではないかと思われます。

【解説】蜷川監督らしい特徴的な色使いは健在も、ストーリーはやや魅力不足か

【解説】蜷川監督らしい特徴的な色使いは健在も、ストーリーはやや魅力不足か(C)2019「人間失格」製作委員会

本作の監督を務めている蜷川実花は、「さくらん」「Diner ダイナー」など邦画界でも比較的作風が特徴的な監督として知られています。私自身は彼女が監督を務めた『ヘルタースケルター』しか鑑賞したことはないのですが、そこでもしばしば特徴として挙げられる「独特の色使い」や「乱れた人間関係」「女性と少女趣味中心の視点」というあたりのスタイルを確認することができました。

今作でも彼女のこうした特徴が取り入れられていて、極めて鮮やかな色彩によって映し出される映像は、これまで通り好き嫌いがハッキリと別れそうな感じですね。良くも悪くも作風がハッキリしている監督なので、本作もまた「好きな人は好き、嫌いな人は嫌い」という作品であると思いました。

そのため、もし本作を気に入った方は蜷川監督の作品がたいてい気に入るでしょうし、逆に本作が肌に合わなかった方は、他の作品を見るのも時間の無駄になってしまう可能性が高いでしょう。

 

さらに、本作においては上記のような「いいとも悪いともとれる点」が全面に出ているのに対し、彼女の作品でしばしば弱点として挙げられる「ストーリーの弱さ」という問題をも全面に出てしまっている印象がありました。本作では周囲の人々を比較的上手に描き出せている一方、肝心の太宰が単なる舞台装置になってしまっているので、彼が自殺に至るまでの心理が今一つ描き切れていないように感じます。そのため、映画として起承転結の締まりが悪く、ストーリーは散漫としてしまっていました。

シーン単体が良かっただけに、全体の構成や話のもっていき方が悪く、ストーリーの「軸」が見えてこなかったのは残念です。このあたりは、もともと監督が写真に熱を上げていた「芸術家」であり、文芸の世界で育ってきた「作家」ではなかったという背景も関係しているのかもしれません。

もちろん、シナリオライティングは監督の本業ではないとはいえ、全体の構成や心理描写の表現に対して異論をはさむのも監督の仕事でしょうし、何より彼女の作品群に共通する課題ということであれば、これは監督の力量による部分も大きいのかもしれません。

【評価】映像作品として見るか物語として見るかで印象が大きく違いそう

【評価】映像作品として見るか物語として見るかで印象が大きく違いそう(C)2019「人間失格」製作委員会

さて、ここまで本作の内容を整理してきました。そして肝心の評価ですが、何度も書いてきたように良い点と悪い点が非常にはっきりしているため、人を選ぶ映画であるというのが正直なところです。

本作評価のカギは、この作品を映像作品として見るか物語として見るかにかかっているでしょう。前者であればその映像美を称賛するでしょうし、後者であれば軸を失って着地点が怪しいシナリオを酷評するかもしれません。

ちなみに、私個人は映画を物語として鑑賞するほうなので、やはりシナリオの粗はどうしても無視できませんでした。特に太宰が人間失格を書し、自殺を決意するまでの流れはややとってつけたような感じが否めませんでしたし、「人間失格」というキーワードと無理やり絡めるために強引に挿入されたパートのような違和感を覚えました。

実際、ただ単に太宰の奔放な生活を記すだけでは集客が見込めないということで、誰もが知っている名作「人間失格」との関連性を、商業的な理由から埋めこまなければならなかったのだろうと邪推してしまいます。作品の筋としては「人間失格」関連のエピソードを端折ったほうがきれいな展開にはなったでしょう。

 

また、本作はこれまで蜷川監督が担当していた映画とは異なり、太宰治という作家を描いた物語であったことも、個人的に評価を下げる原因になりました。確かにクズな男であるということを否定するつもりはありませんが、やはりせっかく実在の名作家を扱ったのであれば、その人物が作家という職についていることを生かしてほしかったです。本作のシナリオ自体は仮に太宰が全く別の職業についていても成立しかねませんし、「作家であるということ」の必要性のようなものをもっとスクリーンで表現するべきだったと思います。

ただし、その一方で好きなシーンもいくつかありました。特に「異常者」という側面が強い富栄を演じた二階堂ふみの演技は強烈な形で印象に残り、彼女が太宰を愛するあまり他人と口論になっていくシーンや、彼に連れ立っての自殺を決意させるシーンなどは、とても常人には思えません。

もちろん演者である二階堂ふみが普段からそのような女性だとは到底思われないので、この点に関しては彼女の演技力を称賛したいところです。

(Written by とーじん)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です