アニメ映画

映画『バースデー・ワンダーランド』ネタバレ感想・解説・考察!少女の成長と美しい映像美が魅力のファンタジー!

映画「バースデー・ワンダーランド」のネタバレ感想

クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」で有名な原恵一監督の最新作映画「バースデー・ワンダーランド」。幻想的なファンタジーの世界は魅力的で、物語が進むにつれて成長していくキャラクターにも目が離せません。

声優には、松岡茉優などの実力派の女優陣を起用したことでも話題になりました。

今回は映画「バースデー・ワンダーランド」のネタバレ感想や解説、考察などを書いていきます。

映画「バースデー・ワンダーランド」を観て学んだ事・感じた事

・問題と向き合い一歩前に進む勇気を感じた
・現実世界と対比的に描かれる異世界の魅力的な雰囲気が良い
・個性豊かなキャラクターが魅力的

映画「バースデー・ワンダーランド」の作品情報

公開日2019年4月26日
監督原恵一
脚本丸尾みほ
原作「地下室からのふしぎな旅」柏葉幸子
出演者上杉アカネ(松岡茉優)
上杉チィ(杏)
上杉ミドリ(麻生久美子)
ピポ(東山奈央)
ピポクラテス(市村正親)

映画「バースデー・ワンダーランド」のあらすじ・内容

映画「バースデー・ワンダーランド」のあらすじ・内容

小学生の上杉アカネは、学校で仲間外れになりそうになった友達を助けることができず悩み、学校をズル休みしていました。

そんな中、雑貨屋を営むチィのもとにお使いを頼まれます。店の中にあった手形にアカネが手をはめた瞬間、地下室のドアが開き、謎の錬金術師ピポクラテスと弟子のピポが現れます。

ワンダーランドからやってきた彼らはアカネにこちらの世界を救ってほしいと頼み込み、最初は乗り気ではなかったアカネでしたが、世界を救うための冒険に出発します。

映画「バースデー・ワンダーランド」のネタバレ感想

映画「バースデー・ワンダーランド」のネタバレ感想(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

突然現れたピポクラテスとピポに、世界を救ってほしいと頼まれてしまう普通の少女アカネ。当然ながら最初は戸惑い、しぶしぶ異世界に行くことを決意し、ワンダーランドを冒険しながら成長を遂げていくというストーリーです。

どちらかといえば子供向け作品といえるでしょう。作品のファンタジーに溢れる美しい世界観や物語全体のメッセージは、同じ子供が主人公で冒険をするという部分もありますが、子供に見せて何かを感じ取ってほしい作品でもあります。

 

一方で大人が見ると多少物足りない感じは受けると思います。刺激が足りないと思う人もいるでしょう。全体的には「毒にも薬にもならない」という感じで、善悪どちらにも振り切った感じが観られないのが多少残念ではあるのですが、それでもかわいらしさを感じさせるキャラクターや異世界らしい映像には見応えがあります。

ゴールデンウィーク中の映画ということもあり、家族づれで観にいくのが一番いいかもしれません。ここでは映画「バースデー・ワンダーランド」の個人的な感想やネタバレ解説を書いていきます。

【解説】監督はクレヨンしんちゃんでおなじみの原恵一

【解説】監督はクレヨンしんちゃんでおなじみの原恵一(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

映画「バースデー・ワンダーランド」で監督を務めたのは、劇場版クレオンしんちゃんシリーズでおなじみの原恵一さんです。原恵一監督といえば、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」などで有名です。

その他のクレヨンしんちゃんシリーズの監督も務めてはいますが、観た人の評価が特に高いのは、この2作品かと思います。他のクレヨンしんちゃんシリーズと比較しても、子供向けアニメにもかかわらず、大人にも刺さるかのような内容が高い評価を得ています。

 

映画「バースデー・ワンダーランド」の宣伝でも、「オトナ帝国の原恵一監督作品」とキャッチコピーが使われていたので、この映画に関しても子供向けの世界観の中に、大人にも刺さるような要素を秘めているのかと思わさせられました。

ただ、映画「バースデー・ワンダーランド」に関しては、あまりそういった側面は見せず、子供向け作品として、完成させたという印象です。

原恵一監督の作品には「河童のクゥと夏休み」があり、いじめなどの社会問題や大量消費社会への批判的な視点が盛り込まれていますが、映画「バースデー・ワンダーランド」に関しては、どちらかといえばクレヨンしんちゃんよりも「河童のクゥと夏休み」の流れを汲む作品といえるかもしれません。

原作自体も児童文学というジャンルに属しているので、大人向けアニメとしての期待は捨てた方がいいと思います。

【解説】映画「バースデー・ワンダーランド」には、クレヨンしんちゃん要素がかなり盛り込まれている

【解説】映画「バースデー・ワンダーランド」には、クレヨンしんちゃん要素がかなり盛り込まれている(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

一般的な原恵一監督のイメージにあるような「クレヨンしんちゃん映画」の要素はあまり感じられない作品ではあるのですが、そうはいっても映画「バースデー・ワンダーランド」には、クレヨンしんちゃんとの関連性が非常に多くみられます。

例えば、声優陣を観てもその色が伺えます。今回のメインキャストは松岡茉優や杏、麻生久美子などの実力派の女優が固めていましたが、悪役のザン・グとドロポに関しては、クレヨンしんちゃんでヒロシ役を務める藤原啓治(ザン・グ)としんのすけ役の矢島晶子(ドロポ)が務めています。

 

この辺も映画の宣伝通り、クレヨンしんちゃんの要素が感じられる部分ではありますが、もっと大きな部分としては劇中に野原しんのすけが登場します。トイ・ストーリーにバグズライフのキャラクターが登場していたような感じで、しんちゃんが映画に出てきます。

そのシーンは、映画序盤の雑貨屋のシーンです。上杉チィが営んでいる雑貨屋では、世界各国のお土産などが陳列されているのですが、その品物の1つに、しんちゃんのフィギュアのようなシルエットをしたものが登場します。

表情などは写っていませんでしたが、黄色の短パンに赤のTシャツというおなじみのカラーリングをしたフィギュアが登場します。

結構観ている側に大きくアピールをする形で登場するので、見逃すことはないとは思いますが、思わずざわついてしまうシーンではありました。こういった部分も原恵一監督作品という部分でのサービスといえるでしょう。

【解説】子供の成長という視点で見る映画「バースデー・ワンダーランド」

【解説】子供の成長という視点で見る映画「バースデー・ワンダーランド」(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

映画「バースデー・ワンダーランド」で描かれる物語において重要な要素としては、子供の精神的な成長があります。この映画には、異世界を冒険する「アカネ」という少女と、異世界の王子が登場します。

劇中ではずっと未熟な感じになっているのですが、物語の進行と共に、精神的な成長を遂げていきます。

 

まず、アカネについては、小学校でお揃いのヘアピンを着けてくるという約束を友達同士でしていた中で、友達の1人がそれを忘れてしまったがために仲間外れになってしまいます。

仲間外れになった友達はアカネを頼り、なんとか説得してほしいと言われるのですが、アカネにそういった勇気はなく、問題を先送りにしてしまいます。そのことに罪悪感を抱いたのか、学校にいきづらくなりズル休みをしてしまうほどです。

物語冒頭のアカネは、自分の周りに起きた問題を主体的に解決するような強さを持っておらず、それが出来るとも思っていない自信のなさを抱えてもいました。

 

そんな中、突然現れた異世界の錬金術師のピポクラテスからの頼みで、世界を救ってほしいと頼まれるのですが、当然こんな感じのアカネは「そんなこと出来るわけない」と断ります。

そこでピポクラテスは、「前のめりの碇」というペンダントをアカネに着けます。これをつけると後ろ向きになりそうなときに前向きになるという効果があり、チィの好奇心もあって異世界への冒険に出かけることになります。

最初は、家に帰りたがっていたアカネですが、徐々に異世界の不思議で美しい世界に魅了され、問題解決に向けて前向きな気持ちになります。

物語で登場する異世界では、「水」が世界の秩序を司っており、王位継承の際の「水切りの儀式」を行うことで、世界の安定がもたらされるという感じだったのですが、感じの王子が目を覚まさないはドロポの魔法によって、悪のザン・グになっているは、大変なことになっていました。

 

一方王子も、自分の血統からくる運命に対して反抗するような少年でもありました。「水切りの儀式」では、失敗すると自分の身を捧げて、それを引き換えに世界の安定をもたらすという、とてつもなく大きなプレッシャーのかかる立場でもありました。

そこから逃げ出したくて両親から反抗し、ドロポの魔法によってザン・グという姿に変わった王子は、世界の秩序を司る井戸を破壊するためにミサイルを作ろうとしていました。

王子自身も悪に身を染めていたわけではなく、自分を取り巻く運命を受け入れることができず、問題から逃げる形で悪行を続けていた部分もありました。そういった意味では、アカネも王子も子供として、同じような欠点を抱えていたといえるでしょう。

 

その中でアカネは冒険を続けていき、前向きに問題と向き合えるように成長をしていきます。最後にはザン・グを説得し、水切りの儀式をやる決心を着けさせます。王子自身もアカネの協力によって、問題と向き合う覚悟を持つことができたのです。

物語の最後には両者が成長を遂げて、王子は国を収める立場になる決心をしましたし、アカネは現実の世界に戻って、友達を助ける行動に出ます。

映画「バースデー・ワンダーランド」の物語の中心となっているのは、この登場する子供のキャラクターの成長にあります。物語が進むにつれて次第に成長を遂げ、自信を身につけていくというのは、なんとも教育的な価値のある作品かと思いました。

【解説】現実世界と異世界という対比で見る映画「バースデー・ワンダーランド」

【解説】現実世界と異世界という対比で見る映画「バースデー・ワンダーランド」(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

映画「バースデー・ワンダーランド」は、現実世界のアカネが異世界の冒険に出かけるという王道ストーリーです。こういった作品の中で見どころとなるのは、現実の世界と対比的に描かれる異世界の魅力ですね。

映画「バースデー・ワンダーランド」では、ファンタジーな世界観が多分に盛り込まれており、時より現実世界と鏡合わせになっているような部分も感じられました。

例えば、羊が異様に丸っこいファルムをしていたり、検問所にいるのが猫だったり、「逆さとんがり」や「ケイトウ」などの街のネーミングもユニークだったりします。

また、現実世界と比べる形で異世界が描かれるといったシーンも散見されます。異世界ででは、美しいオーロラや季節ごとに現れる美しい景色など、魅力的な部分がたくさんあります。

 

そして、物は決して多いわけではなく、便利なわけではないのだけれど、それだけで充分に幸せを感じ取ることができる人たちがたくさんいることも描かれています。こういった部分は「河童のクゥと夏休み」で指摘されている部分と共通するものがあるといえます。

世の中が便利に発展していく中で少なからず失われていったものがあり、それらの尊さや美しさを伝えるというのは、原恵一監督の好きな題材なのかもしれません。

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」でも、平成の時代と昭和の時代が対比的に描かれており、昭和の昔を懐かしんで魅了されるオトナたちというシーンが描かれていました。

原恵一監督の人物像を調べてみると、携帯電話やスマホ、パソコンなどの通信機器は一切持たず、家には黒電話しかないという極端な生活をしているということもあり、これらの人物像がこういった題材のストーリーにマッチしているともいえます。

こういった発達していく文明に対する批判的な視点というのは、原恵一監督が持っている1つの考え方でもあり、それが作品に反映されているのでしょう。

【解説】淡々とした物語の中で伝わるメッセージ

【解説】淡々とした物語の中で伝わるメッセージ(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

映画「バースデー・ワンダーランド」では、主人公のアカネや異世界の王子といった少年少女たちの心の成長や、異世界の幻想的で魅力的な雰囲気など、わかりやすくメッセージとして伝わってきます。

そして、それを可能にしているのが、淡々と進んでいく物語にあるかもしれません。この映画はそこまで起伏に富んでいるわけではなく、割とスムーズに物語が進んでいきます。日常的な風景を描いたシーンも多く、それらも丁寧に描かれていて見応えがあります。

 

物語が淡々としているというのは、言葉だけでみると魅力が薄いように感じるかもしれませんが、逆にいえば、無駄な要素はなくして重要な部分を際立たせる効果もあります。

アカネの精神的な成長は、映画の中でも強調して描かれていますが、ストーリーが淡々としている分、その辺はぶれることなくしっかりと伝わってきます。

ファンタジーな世界観を描く上でなんでもできる分、力を入れてしまって世界観が散発になってしまうこともありますが、しっかりと統一感を持たせながら、重要な部分が際立つような演出になっています。

 

こういったメリハリの部分でも、映画「バースデー・ワンダーランド」は1つの魅力を形成しているのかもしれません。映像自体は活き活きと描かれており、淡々とした物語の分、そこに集中して見つめてしまうという魅力があります。

この映画において、監督自身がどこに目を着けてほしいというのが、はっきりとしている映画でもあるかもしれません。

そして、あえて全体的な起伏を少なくすることによって、クライマックスで感情が爆発するような演出が用いられていたのだと感じました。映画の要所要所にアクセントとなるようなシーンが設けられており、そこに向けて走っているかのような感じの映画になっています。

歌でいうと全部サビといった感じのようなことはなく、しっかりとメロディを聞かせながら、最後に大きなサビを持ってくるといった感じでしょうか。単縦な映像美においてもとても惹かれてしまうのですが、それを感じることができたのは、意図的に作られたストーリーラインにもあると思いました。

映画「バースデー・ワンダーランド」は家族連れで楽しめる作品

映画「バースデー・ワンダーランド」は家族連れで楽しめる作品(C)柏葉幸子・講談社/2019「バースデー・ワンダーランド」製作委員会

映画「バースデー・ワンダーランド」は、どちらかといえば子供向けの作品というジャンルになると思います。大人が真正面から見ても、そこまで満足感の高い映画とはいえないでしょう。

ただ、アニメ特有の絵が活き活きと動く感じや、ファンタジーな世界観は非常に楽しめると思います。家族連れで安心して見られる作品としては優秀だと思いますので、ぜひご覧になってみてください。

映画の配信本数が多い!U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーン

U-NEXTには見放題の邦画や洋画が多くあり、ポイントを使うことで最新の映画も見ることができます!

毎月1,200円分のポイントを貰うことができるので、個人的に動画配信サービスの中でも一番おすすめです。

無料のお試しキャンペーンがあり、無料期間中に解約することもできるので、まだ試していない方は是非どうぞ!

新作映画も見れる!
U-NEXT31日間の無料お試しはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です