日本映画/邦画の感想

映画『容疑者Xの献身』ネタバレ感想・考察・解説!恐ろしくも悲しいトリックとエンディングが魅力の映画

映画「容疑者Xの献身」のあらすじ・内容

ドラマ『ガリレオ』の1作目の映画『容疑者Xの献身』。

愛ゆえの恐ろしくも悲しい犯行やトリック、エンディングに、共感できる部分もありつつ考えさせられる部分もあるような映画になっていました。

今回はそんな『容疑者Xの献身』についての詳しい感想と考察・解説をご紹介していきます。感想や考察・解説ではネタバレを含みますので、映画ご視聴前の方やネタバレを避けたい方はご注意ください!

映画「容疑者Xの献身」を観て学んだ事・感じた事

・愛ゆえに恐ろしく悲しい犯行に及ぶ
・歪んだ純愛に共感したり切なくなったりする映画

映画「容疑者Xの献身」の作品情報

公開日2008年10月04日
監督西谷弘
脚本福田靖
出演者福山雅治(湯川学)
柴咲コウ(内海薫)
北村一輝(草薙俊平)
堤真一(石神哲哉)
松雪泰子(花岡靖子)
金澤美穂(花岡美里)

映画「容疑者Xの献身」のあらすじ・内容

映画「容疑者Xの献身」のあらすじ・内容(C)2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社

夢だったお弁当屋を営みながら、娘・美里と2人暮らしをしていた儚げ美人・花岡靖子。

しかしそんな彼女の日々は別れた夫・富樫がヨリを戻そうと迫ってきたことで一変し、娘に暴力をふるう富樫を止めるために靖子は咄嗟に彼の首を締めて殺害してしまいます。

そんな富樫の死体はすぐに発見されてしまい、有力な容疑者として花岡靖子は警察から疑われることになるのですが、アパートの隣人でお弁当屋の常連である帝都大卒の論理的な男・石神哲哉の協力によって、彼女には事件当日は娘と出かけていたという完璧なアリバイが生まれていました。

お手上げ状態の警察は帝都大学の物理学者・湯川学に捜査協力を要請することにしたのですが…。

新作映画も見れる!
U-NEXT31日間の無料お試しはこちら

映画「容疑者Xの献身」のネタバレ感想

愛ゆえの恐ろしくも悲しい犯行・トリックと、それだけしても報われることのない歪んだ純愛を貫いた石神のエンディングに、共感したり切なくなるような映画になっていました。

被害者だけど悪で、犯罪者だけど被害者といった、白黒付けないグレーゾーンの多い映画になっているので、どちらかといえばグレーゾーン的展開が楽しめる大人の方におすすめな映画ですね。

懐かしさと安心感のある柴咲コウさん

懐かしさと安心感のある柴咲コウさん(C)2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社

2代目相棒の岸谷美砂役・吉高由里子さんも好きなのですが、ドラマを好きでずっと観ていた者としてはやはり内海薫役・柴咲コウさんの方がしっくりくるというか、懐かしさと安心感を感じながら楽しむことができました。

恋愛する男女というよりかは友情・仲間という対等な関係性、1人で抱え込みがちな天才の湯川と思ったことはすぐに口にする一般人の内海というバランス、その全てがストーリーの邪魔をすることなく魅力を増幅させてて良かったです。

 

そして今作は内海がまだ湯川先生とは分かり合っていない頃、まだ湯川先生の手は借りたくないとツンツンしている姿があったりして、今観るとこそばゆくなるような懐かしさがありつつ、逆に新鮮に感じる部分もありました。

ドラマガリレオがお好きな方、内海薫役の柴咲コウさんが恋しいなという方にはぜひともチェックしてみていただきたいです!

石神の恐ろしくも悲しい犯行

石神の恐ろしくも悲しい犯行(C)2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社

今作は石神の愛ゆえの恐ろしいトリックがメインになりがちですが、そもそも別れた旦那が永遠に自分の周りに付きまとうかもしれない、娘の身が危ないかもしれないという恐怖、それから自分と娘を守るためには殺害せざるを得ないという悲しい犯行動機も印象的でした。

職場と家を突き止められて、せっかくの幸せな家庭にズカズカと踏み込まれるというだけでも十分恐怖なのに、金を搾り取るために永遠に自分に付きまとうと宣言され、娘にも夜の仕事を強要しようとする甲斐性なしで自分勝手で暴力的な男…。

そんな男に恐怖した美里が咄嗟に殴ってしまった想いも共感できますし、そんな娘に暴力をふるう男から娘を守るために靖子が咄嗟に首を締めてしまうのも、無理からぬことだなと思いました。

殺人という道が最善だったとは思いませんが、咄嗟の行動としては共感できるものがありましたね。

 

そして男からやっと解放されたかと思いきや、今度は警察から逃げ続ける恐怖と協力者による恐怖が始まってしまい…結局は男によって永遠に苦しめられ恐怖し続けるというのが不憫というか、報われることのない皮肉さを感じて悲しかったです。

元旦那を殺害したばかりだというのに他の男と度々デートに行く度胸はスゴイと思いますが、彼女なりに恐怖から解放されたい、幸せになりたいと必死なのでしょう…。

人によっては花岡靖子が自分勝手な女、男を振り回しいる悪女に見えてしまうかもしれませんが、幸せになりたいと必死な女性の気持ちが理解できる人にとっては共感できるキャラクターになっていたのではないかなと思います。

もう1作のガリレオ映画との違い

もう1作のガリレオ映画との違い(C)2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社

ガリレオの2作目の映画『真夏の方程式』と似ている部分がありつつも、被害者の立場・キャラクターの違い、愛ゆえに罪を重ねる協力者の存在によって受ける印象はだいぶ違うものになっていました。

1番大きな違いはやはり被害者の立場やキャラクターですね。真夏の方程式では被害者が元警察官ということもあり、殺害されるに至る理由は彼なりの信念や正義に従った結果…ということでしたが、今作ではただただ自己中心的な最低の男が殺害された形なので印象が正反対でした。

最低な男だから殺されて良いということではありませんが、殺されるような理由を自分で作り出してしまっている、被害者なのに犯人側のような立ち居振る舞いをしているので、どうしても犯人である親子側に同情的になりやすかったです。

印象としては犯人と被害者の立場が真逆になっている感じですね。

 

そして、そんな犯人親子を愛している協力者の存在。湯川先生と同じ天才的な頭脳と論理的な思考を持ち、犯人親子を守るためには犠牲を惜しまずに徹底的に犯行を隠し、警察と湯川先生にとってはラスボスのように君臨している石神の存在は大きかったですね。

石神が犯人親子に協力している理由が愛しているからというのがまた良くて…愛ゆえの犯行だったからこそ切なさが増しているというか、石神の報われなさに共感できるような部分があったかなと思います。

真夏の方程式がイヤミスっぽい作品だったのに対して、今作は共感しやすい切なさが前面に出てくるような作品になっていたので、共感しやすいイヤミス作品、切ない作品がお好きな方におすすめです。

石神の想いが詰まった茶封筒の手紙

これからの指示と共に彼女の交際相手がステキな男性であること、彼女たちへの感謝と自分の想いを綴った茶封筒の手紙からは、愛ゆえの切なさと報われない恋を感じました。

ストーカー行為を偽造するための白い封筒の手紙とは違い、手書きで本心だけが綴られた温かい手紙でしたが、そこには彼女への恋愛感情については書かれておらず、本心だけが書かれている代わりに1番大切なことが抜けている…少年のラブレターのような手紙でしたね。

 

ただ、私はストーカーとは違った純粋な片思いというか初恋に近い想いの詰まった手紙だと感じましたが、人によっては片思いを拗らせたストーカーからの手紙に感じなくもなさそうな手紙になっていますね。

そこの感じ方によって、この映画の感想はガラッと変わってくるかもしれません。

どちらかといえばただの純愛というよりも皮肉な恋模様がお好きな方、愛する人のためならば邪魔者を排除することも厭わないヤンデレ系作品がお好きな方に理解しやすい・共感しやすいような手紙になっているかもしれませんね。

愛ゆえのトリックと報われないエンディング

愛ゆえのトリックと報われないエンディング(C)2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社

愛する親子を守るために無関係なホームレスを殺害し、遺体を猟奇的な状態にすることも厭わない愛ゆえの恐ろしいトリック…しかしその愛が報われることはないというエンディングが非常に良かったですね。

アリバイトリックに見せかけた死体すり替えトリックというのも、ミステリー作品のトリックとして純粋に面白かったです。

彼が人殺しをすることはないだろう、思いがけないアリバイトリックがあるはずという友人である湯川先生の言葉を信じ切っていたために、死体すり替えトリックに騙されてしまうというのが、ミステリー好きとしてもガリレオ好きとしてもたまらないトリックになっていました。

無関係なのに巻き込まれてしまったホームレスの男性は不憫だとは思いますが、愛する人のためならば無関係の人・自分すらも差し出す執念のような石神のトリック、愛ゆえの狂気は個人的には分からなくはないというか、キレイごとを並べるよりも人間らしさを感じることができて共感しやすかったです。

 

そして、愛ゆえにそこまでした石神ですが、その愛が報われることがないというのがまた良い!

自分の頭脳と論理的思考をフル活用して親子を全力で守って、最後には自分すらも差し出して彼女を守り通していたというのに、彼女は他の男性と良い関係になっていて、自分の想いに気付く気配すらありません。

しかも完璧なまま終えるはずだったトリックは、罪悪感に押しつぶされた愛する女性の手によって壊されてしまう…彼女を守り通すことも愛を伝えることもできない…実に報われないエンディングになっていました。

歪んだ愛情を注いだがゆえの報われないエンディング…個人的には切なさを感じつつも共感しやすく、スッキリしない終わり方をしていて非常に面白かったなと思います。

スッキリとしないエンディングを迎えるミステリー作品がお好きな方はチェックしてみていただきたい作品です!

映画「容疑者Xの献身」の考察・解説

映画「容疑者Xの献身」の考察・解説(C)2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社

湯川先生が内海に協力しない理由について、遺体の隠し場所について、石神は元々捕まるつもりだったのか、ラストの「どうして」の意味について考察・解説していきます。

あくまでも個人的な考察・解説なので必ずしもこれが正解というわけではありませんが、参考程度に見て頂けると幸いです!

湯川先生が内海に協力しない理由

湯川先生にとって石神は同じ大学で学んだ級友、天才ゆえの悩みや孤独を共有することができる仲間、警察官である友人・草薙とはまた違った唯一無二の友人でした。

だからこそそんな友人がもしも犯罪に関わっているというのであれば、他の人を巻き込まずに自分だけの力で真実までたどり着き、彼には自主的に警察に出頭して欲しいと考えていたのではないでしょうか。

 

そして、唯一無二の友人が変わってしまったのかどうかも知りたかったのかもしれません。

自分にとっては大学の頃から変わらない唯一無二の友人ですが、彼はしばらく合わない内に人が変わってしまっているのだろうか、恋に狂ったために以前の石神とは違う人間になってしまったのかを知りたいとも思っていたのではないでしょうか。

友人の少ない湯川先生ならではの友人への思いやり方、そして友人を失う恐怖・孤独に悩んでいるが故に内海への協力を拒んでいたのかもしれませんね。

遺体の隠し場所

遺体の隠し場所(C)2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社

エンドロール中に川を捜索している捜査官が「ちょっと来てください!」「写真!」と言いながら慌ただしく動いているシーンがあり、その側に美里が元旦那を殴った際に使用したスノードームが置かれていたので、おそらく遺体は川の中に沈められていたのだと思います。

捜査官が発見したのは小さなカバンのようなものだったので、おそらく富樫に見せかけたホームレスの男性に施したのと同じような猟奇的偽造を行った上で、身体をいくつかのパーツに分けてカバンに詰めて川に沈めていたのでしょう。

石神にしては杜撰な遺体処理ですが、最悪の場合は自分が逮捕・起訴されるまでの時間が稼げればいい、見つかっても問題はないという考えで処理・遺棄したので、こちらの遺体にはそこまで手を加えていないのだと思われます。

富樫の遺体が見つかってしまっても「この男も花岡靖子を狙っている男の1人だった」「彼女に近付いたから殺害したが誰かは知らない」と嘘の動機をでっち上げれば良いだけですから、とにかく自分が犯人として逮捕されれば良い、そして控訴しなければ良いという考えだったのでしょう。

石神は元々捕まるつもりだったの?

石神は元々捕まるつもりだったの?(C)2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社

いざとなれば自分が身代わりになるという覚悟はあったと思いますが、警察相手であれば死体のすり替えトリックで彼女に疑いの目が向かないようにすれば良いだけですから、最初から捕まる予定はなかったと思います。

ただ湯川先生が事件に関与し出したことで状況が変わりました。

死体のすり替えトリックだけで湯川先生を出し抜くのは難しいと考えた石神は、湯川先生に真実を知られる前に自分がストーカーとして逮捕されることで、強制的に事件を終わらせることにしたのだと思います。

なので元々捕まるつもりだったわけではなく、臨機応変に作戦変更した結果なのではないでしょうか。

ラストの「どうして」の意味

ラストの石神の「どうして」の意味は、手紙を残したのに、ここまで計画通りに進んでいたのに、これであなたたちは幸せになれるはずだったのに…どうして来たのか、どうして自白したのかという意味が込められていたのではないでしょうか。

石神は死のうと思っていたところを引っ越してきた彼女たちに救われた、明るく優しい彼女たちに元気をもらっていたため、その恩返しとして今度は自分が彼女を救おうと考えていたのですが、彼女たちは人に罪をなすりつけて自分たちだけが幸せになるという罪悪感に耐えきれず結局自首してしまいます。

罪を肩代わりすることで彼女たちが幸せになると信じていた石神は、彼女が自首をするという結果に納得することができず、どうしてと繰り返していたのかもしれません。

 

もしくは彼女自身も「どうして私なんかのために…」と言っていたことを思うと、ここまでしても僕の愛は伝わらないのか?という意味を込めてのどうしてだったのかもしれませんね。

愛ゆえに自分の手を汚し、彼女達のアリバイトリックをつくり、その後のケアもし続け、手紙にも想いをしたためたのにも関わらず、彼の想いは伝わることがない…それに対してのどうしてという想いもあったのではないでしょうか。

「容疑者Xの献身」は恐ろしくも悲しい映画

自分の幸せを奪いにきた元旦那に恐怖したが故の犯行、隣人の女性を愛したが故の恐ろしい犯行、犯行自体は猟奇的で恐ろしい部分があるのですが犯行動機がなんとも切なく悲しいミステリー映画になっていました。

ドラマ『ガリレオ』お好きな方だけではなく、ミステリー好きな方、そして恐ろしくも悲しい歪んだ純愛がお好きな方におすすめな映画なので、興味のある方はぜひともチェックしてみてください!

映画「容疑者Xの献身」の動画が観れる動画配信サービス一覧

 配信状況無料お試し
Hulu×2週間
Netflix×30日間
FOD1ヶ月
U-NEXT31日間

※2020年1月現在の情報です。

映画の配信本数が多い!U-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーン

U-NEXTには見放題の邦画や洋画が多くあり、ポイントを使うことで最新の映画も見ることができます!

毎月1,200円分のポイントを貰うことができるので、個人的に動画配信サービスの中でも一番おすすめです。

無料のお試しキャンペーンがあり、無料期間中に解約することもできるので、まだ試していない方は是非どうぞ!

新作映画も見れる!
U-NEXT31日間の無料お試しはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です