海外映画/洋画の感想

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』ネタバレ感想・考察!エンドクレジットの意味、女性VS男性について

【解説】本作を見る前にスーサイドスクワッドを見なくても大丈夫!ジョーカーが登場しないのは不自然だった

映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」は映画「スーサイド・スクワッド」にも登場した人気キャラ・ハーレクインの単独作品です。

今作ではジョーカーと別れたハーレイクインが描かれており、映画を通して「女性の自立・自由への戦い」というメッセージが込められているような作品でした。

今回は映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」のネタバレ感想や解説、考察を書いていきます。前作の「スーサイド・スクワッド」を観ていなくても十分楽しめますので安心してください。

映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」を観て学んだこと・感じたこと

・華麗なアクションシーンがカッコいい!
・女性VS男性という構図が多かった
・狂ったハーレイクインのキャラが好きな方は楽しめる

映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」の作品情報

公開日2020年3月20日
監督キャシー・ヤン
脚本クリスティーナ・ホドソン
出演者ハーレイクイン(マーゴット・ロビー)
ヘレナ・バーティネリ/ハントレス(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)
ダイナ・ランス/ブラックキャナリー(ジャーニー・スモレット=ベル)
ローマン・シオニス/ブラックマスク(ユアン・マクレガー)

映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」のあらすじ・内容

映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」のあらすじ・内容

映画「スーサイド・スクワッド」でジョーカーに助けられ、刑務所から脱獄したハーレイクインはその後ジョーカーと別れてしまいます。

悪のカリスマであるジョーカーの彼女ということで、ハーレイクインの様々な悪行も見逃されてきていましたが、ジョーカーと別れた途端ハーレイクインは命を狙われるようになってしまいます。

そんな中、ハーレイクインは命を狙われる少女をかくまうことになり奇妙な共同生活がはじまります。そして、自由のために戦う女性たちとともに、ゴッサムの裏社会を支配する男・ブラックマスクと戦うことになります。

新作映画も見れる!
U-NEXT31日間の無料お試しはこちら

映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」ネタバレ感想

【解説】本作を見る前にスーサイドスクワッドを見なくても大丈夫!ジョーカーが登場しないのは不自然だった

【解説】本作を見る前にスーサイドスクワッドを見なくても大丈夫!ジョーカーが登場しないのは不自然だった

映画の冒頭ではハーレイクインが「ここまでの経緯を簡単に説明するね☆」的な感じでストーリーをしっかり説明してくれるので、初めてハーレイクインが登場した映画「スーサイド・スクワッド」を見ていなくても十分内容を理解することができます。

ここでも簡単にストーリーを説明すると、映画「スーサイド・スクワッド」では精神科医のハーレイクインが患者のジョーカーに惚れてしまい、ジョーカーと付き合う中でハーレイクインも徐々に狂っていき、最終的には犯罪者として刑務所に入れられてしまいます。

スーサイドスクワッドのラストでは刑務所にいたハーレイクインをジョーカーが助けに来て脱獄をするというラストを迎えますが、そんなジョーカーと別れてしまったハーレイクインが本作では描かれています。

 

ただ、「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」ではジャレッド・レト演じるジョーカーが登場しておらず、個人的に不自然だなと感じました。ハーレイクインの回想シーンでジョーカーの後ろ姿は少しだけ映るのですが、正面からの顔が映ることは一度もないんですよね。

これは憶測ですが、制作費やギャラが関係しているかもしれません。本作の制作費は7500万ドルと他のDC作品と比較してみても低いです。(スーサイドスクワッドは1億7500万ドル、ワンダーウーマンは1億4900万ドル)

DC映画ではありませんがマーベル作品の「スパイダーマン:ホームカミング」では、アイアンマン役のロバートダウニーJrが出演時間15分で、1000万ドルの出演料だったことが話題になりました。

マーベル作品はかなりのお金をかけているのでDC映画とはまた異なりますが、ジャレッド・レトを登場させることで数千万円〜数億円のギャラが発生することも考えられるので、出演料の関係でジョーカーが登場しなかったのかもしれません。

とは言っても、ジョーカーが登場しなかったのは不自然ではありますが、本作はジョーカーと別れた後のハーレクインを描いた物語なので、ジョーカーが登場しなくてもストーリー的には問題ありませんからね。

バットを振り回すハーレイクインのアクションが良い!

バットを振り回すハーレイクインのアクションが良い!

DC作品に登場するスーパーマンやアクアマン、ワンダーウーマンは戦闘能力が高く、超人的な力を持つヒーローですが、ハーレイクインはなんの特殊能力もない通常の人間です。そもそもハーレイクインはヒーローでもなく、ヴィラン側の人間ですしね。

普通の人間でありながら、魅力的なキャラというのがハーレイクインの良いところでもあるのですが、今作のハーレイクインはアクロバティックなアクションシーンが多く、ただバットを振り回すだけではありませんでした。

体操選手のようグルグルと回ったり、バットをヌンチャクのように扱うハーレイクインに「こんなに強かったっけ?」と感じてしまう程でした。スーサイドスクワッドよりもアクションがカッコいいので、個人的には本作のハーレイクインの方が好きでした!

【解説】ハイエナのブルースは実は犬だった?

【解説】ハイエナのブルースは実は犬だった?

ハーレイクインはハイエナをペットとして飼っていましたね。映像がかなりリアルだったので「実際にハイエナと一緒に撮影をしたの?」と思いましたが、マーゴットロビーが一緒に撮影したのはハイエナではなく、大きな犬だったそうです。大きな犬にCG加工をしたみたいですね。

初めはハイエナと一緒に撮影をするつもりだったそうですが、ハイエナはかなり凶暴なため却下されたんだとか。

 

ちなみに、ハイエナの名前はバットマンにちなんで「ブルース」という名前が付けられていましたね。

スーサイドスクワッドで描かれたことですが、ハーレイクインを刑務所にブチ込んだのはバットマンなので、ハーレイクインはバットマンのことを良く思っていないハズなのにブルースの名を何故つけたんでしょう。

ハーレイクインは基本的に狂っているので、宿敵であるブルースの名前を付けたということも考えられますが、また別の意味もあるのかもしれません。DC映画はマーベル作品ほどではありませんが、他作品と世界を共有していたり繋がりがあったりするので、今後公開される別の作品でハーレイクインとバットマンの関係が明かされるかもしれませんね。

【考察】エンドクレジットの「知ってる?あのバットマンは…」の意味、ジョーカーと別れた理由について

【考察】エンドクレジットの「知ってる?あのバットマンは...」の意味、ジョーカーと別れた理由について

映画のエンドクレジットの映像では、ハーレイクインの声で「良いこと教えてあげる。知ってる?あのバットマンはf…」と「F」で始まる言葉を言いかけて終わります。

意味深な言葉ではありますが、ふざけたハーレイクインがただ観客をバカにするように、意味深な言葉を残しただけなのか真実はわかりません。ただ、ハーレイクインがジョーカーと別れた理由に関係あるのかもしれません。

 

この映画は「ジョーカーと破局した後のハーレイクイン」を描いた作品ですが、筆者の記憶違いでなければジョーカーと別れた理由は明かされていませんでしたよね?

スーサイドスクワッドではハーレイクインを何度も危険な目にあわせるジョーカーが描かれていて、その都度ジョーカーはハーレイクインを救っていました。スーサイドスクワッド のラストシーンでジョーカーが刑務所を襲い、ハーレイクインを脱獄させたのもそうです。

ハーレイクインが一方的にジョーカーを愛しているようにも思えるのですが、ジョーカーもジョーカーでハーレイクインを愛しているんですよね。それにも関わらず別れた理由が今作では明かされず、ジョーカーが登場しないことに理由があるとすれば、そこにバットマンが関係しているのかもしれません。

バットマンによってジョーカーは捕まり、刑務所にいることも考えられますし、ジョーカーとバットマンが戦い、ジョーカー(バットマンも一緒に)が死んだということも考えられます。

ブラックマスクはゴッサムの裏社会を支配する男として暗躍していますが、ジョーカーがいればゴッサムの裏社会で活躍できないと思うんですよね。ジョーカーがゴッサムにいないから、ブラックマスクが活動できているんじゃないかと思うんです。飛躍しすぎですかね?

 

でも、もしバットマンの手でジョーカーが刑務所に入れられたり、殺されたりしていたらハーレイクインはきっとバットマンを憎むと思うので、ハイエナにブルースという名前を付けないと思うんですよねぇ…。

ただ、ハーレイクイン自身がジョーカーと別れたことは良いことであると考えているのであれば、ジョーカーと決別させてくれたバットマンに感謝をし、ブルースという名前をつけることもありえるかもしれません。まぁこれは全て憶測なので、話半分でスルーしてください。

【考察】女性VS男性という構図から受け取れるメッセージ

【考察】女性VS男性という構図から受け取れるメッセージ

この映画は初めから終わりまで「女性VS男性」という構図で描かれていました。本作ではハーレイクインと一緒に戦う仲間が複数登場しますが、バーの歌姫として働くブラックキャナリーや復讐に燃えるハントレス、ゴッサムの刑事レニーなど仲間は全て女性です。

一方、本作のヴィランのブラックマスクはもちろん男性ですし、ブラックマスクの仲間を見る限り男性しかいませんでした。

この「女性VS男性」という描き方は映画として面白いと思うのですが、本作に登場する女性は良い人ばかりで、その女性たちは何らかの被害者であるという描き方をされていて、男性は全て悪者という描き方をされているように感じました。

 

例を挙げると、ハーレイクインはジョーカーと付き合っていた頃、自分があげた成果にも関わらずジョーカーにその成果を横取りされてしまう経験していましたし、刑事のレニーも自分の成果を職場の同僚などに奪われてしまい、中々昇進できないでいました。

そして、ブラックマスクが経営するバーの中では、大きな笑い声をあげる女性にブラックマスクがブチ切れ、テーブルの上でダンスをするように指示します。女性は怯えながら泣く泣くテーブルに立って踊り、その最中に服を切られてしまうシーンもありました。

このように本作に登場する男性は女性の成果を奪ったり、女性を傷つけることを平気でしてしまうような人ばかりで、「良い男性」というのが全くと言っていいほど出てきません。

また、映画の中には度々「男性」「女性」というワードが登場していて、「男性はこうである」という一括りにするようなセリフもありました。

もちろん、他の映画でも男性や女性というワードが登場することは大いにありますが、本作の女性VS男性という描き方、登場する男性は全て悪い人間、女性は何かの被害者であるという描き方をみると、「もしかして監督はミサンドリー(男性嫌悪)なのでは?」と若干感じてしまいました。監督の心のうちはわからないんですけどね。

 

そして、極めつけがハーレイクインに隠れ家を提供した老人のドクです。この映画で唯一の良い男性だったのですが、最終的にはお金を積まれて匿っていたハーレイクインの情報をバラしてしまいます。

ドクが良い人のまま終わっていれば、「嫌な男性も多いけど中には良い人もいるよね」という感じでそこまで気にならなかったのですが、ドクの裏切りで本作に登場する男性に良い人はいなくなり、この偏った男性の描き方どうなの?と感じてしまいました。

個人的に思うのは、ハーレイクインの成果を奪うジョーカーやレニーの手柄を奪う同僚たちは、ハーレクインやレニーが女性だから成果を奪っているわけではないと思うんですよね。

ジョーカーは男の部下があげた成果もきっと奪うでしょうし、レニーの手柄を奪う同僚もまた、他の誰かの手柄を奪っていると思うんですよ。それを「女性だから奪われている」という性別の問題にすり替えている気がして、人の成果を奪う男性ではなくその「人間」が最低なのであって、男女の問題ではない気がするんですよね。それに女性の中にも人の成果を奪う人もいるでしょうし。

「人の成果を奪うようなクズ人間って最悪だよね!」という内容なら理解できるのですが、「女性の成果を奪う男!女性を傷つける男!男ってやっぱりこうだよね!」という描き方だと、そういう行為をしない男性にとっては「何だかなぁ…」という気持ちになってしまいましたね。

 

キャシー・ヤン監督は女性であり、過去に女性という理由で何か偏見や差別を受けたのかもしれません。映画の中にある「女性の自由への戦い、自立」というメッセージは良いものだと思いますが、「男はこうである」という一括りにしてしまう描き方は、「女性はこうあるべき」というは女性に対しての勝手な決めつけや、古い価値観を持っている一部の男性と同じ考え方だと思うのです。

きっとキャシー・ヤン監督はこういう男性を疎ましく思い、女性の自立をテーマに描いていると思うのですが、この画一的な描き方をみると、この人が男性であったら「女性はこうあるべき」という考えを持った男性になっていたんじゃ…と感じてしまいました。

【考察】あえて「男性はクズ」と描くことで、性別で一括りにされることの嫌悪感を伝えたかったのかも?

【考察】あえて「男性はクズ」と描くことで、性別で一括りにされることの嫌悪感を伝えたかったのかも?

筆者が最終的に感じたのは、悪い男性(クズな男性)だけを集めてここまで極端に描いたのは、「性別で一括りにされることの嫌悪感」を描きたかったのかもしれないということでした。

「男性はこうである」というネガティブな括り方をされることで嫌悪感を抱く男性もいますが、逆に男性が女性に対して「女性はこうあるべき」と一方的な価値観を押し付ける人もいるので、あえて同じことをしてみることで、一括りにされてしまうことの嫌悪感を伝える意味があったのかもしれません。

ハリウッド業界では女性に対してのセクハラ問題が明るみに出たり、男性と女性でギャラの差が大きく違ったりと、大きな問題を抱えている業界でもあるので、一石を投じる意味でもこういった描き方をしたのかもしれませんね。

全てが深読みしすぎの可能性もありますが、ハーレイクンのアクション自体は個人的に楽しむことができましたし、ハーレイクインというキャラ自体はとても好きなので続編も製作されればなと思っています!

映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」の動画が観れる動画配信サービス一覧

 配信状況無料お試し
Hulu×2週間
Netflix×30日間
FOD×1ヶ月
U-NEXT31日間

※2020年7月現在の情報です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です